暑さはいつまで続く2015年!健康管理して乗り切ろう!

ceaba4d1fe66cb5a5a7fa5726e82fb67_s

連続猛暑日が続いた東京。

東京だけじゃなく、日本各地で猛暑日を記録している今年の夏。

この暑さはいつまで続くのでしょうか?

健康管理方法に気をつけて乗り切りましょう!

スポンサードリンク

暑さはいつまで続く2015年度!

今年の暑さは記録的ですね。

東京では連続猛暑日(気温35度以上)の記録を更新し、

8日連続猛暑日という驚異的な記録になりました。

また、北海道の帯広市でも36度を超え、日本全国各地で猛暑日となっています。

 

暦上では、8月8日以降は”残暑”となり、本格的な夏が終わり、

暑さが残る季節になります。残暑はだいたい8月いっぱい続き、

長引くときは9月中旬まで続くことがあります。

 

実際にどれくらい暑さが続くのか?ということについては、

気象庁の予報を見てみましょう。

8月8日~9月7日までの1ヶ月予報はこちらです。

1ヶ月天気

                     (気象庁HPより引用:http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/000_1_00.html)

こちらの予報図を見る限り、全国的に黄色やオレンジ色が目立ちます。

これは平年度よりも気温が高くなる確率が高い、ということを示しています。

最高気温、最低気温共に全国的に平年並みか、平年よりも

スポンサードリンク

高くなりそうですので、熱中症には十分に気をつけてください。

 

また、9月の気温予報はコチラ。

1ヶ月天気9月

               (気象庁HPより引用:http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/000_1_12.html)

こちらの予報を見ると、東日本は平年よりも気温が高くなり、

西日本は平年並み、となっています。

 

夏の暑さも「暑さ、寒さは彼岸まで」という言葉があるように、

平年は9月20日前後には一段落すると予測されます。

 

暑さは健康管理で乗り切ろう!

暑さを乗り切るには健康管理が大切です。

夏バテしないように、自分で健康には気をつけましょう。

大事なのはしっかりと食事を摂ること。

できるだけ規則正しく一日3食を守ることです。

 

こうも暑いと食欲がわかないこともありますが、そういう時は

酸味や香辛料、薬味などを使って食欲をそそる料理を心がけましょう。

また、夏野菜は体温を下げてくれる効果があります。

 

そして十分な睡眠を摂ること。疲れを貯めこまずに、

しっかりと体を休めることを心がけてください。

 

暑さ対策にはアイスノンや保冷剤を使って体温を下げること。

アイスノン枕で夏の暑さ対策。効果的な使い方は?

 

適度に運動をすることも効果的です。

ストレスの解消にもなりますし、代謝が良くなるので

夜もぐっすり眠れるようになります。

 

まとめ

今年の暑さは本当に記録的。年々、地球が温暖化していっているのを

実感してしまいますね・・・。

そんな暑さに負けないように、頑張っていきましょうね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ