東京の猛暑はいつまで続く?原因は?猛暑日の連続記録更新!

sun-157126_640

猛烈な暑さが続く東京。

こんなに暑いと、熱中症で倒れたり脱水症になってしまう人が増えて

しまうのではないか?と心配です。この猛暑はいつまで続くのでしょうか?

猛暑の原因は何?猛暑日、熱帯夜って何度以上のこと?

について説明していきます。

スポンサードリンク

 

東京の猛暑日はいつまで続く?

本日8月4日も35度の予想で、5日連続の猛暑日となる予想です。

今日猛暑日になると、観測史上最高記録を更新することになります。

こんなに暑いのは辛いので、早く夏が終わって涼しい秋になって欲しい・・

いつまで続くのでしょうか?

 

気象庁の週間天気予報を見てみると、こうなっています。

東京温度

                        (気象庁HP http://www.jma.go.jp/jp/week/319.html)

 

予想では、8月5日(水)、6日(木)まで最高気温35度となっています。

カッコ内は気温の予想範囲ですので、

この猛暑は最長で8日(土)まで続く可能性があります。

あまり考えたくありませんが8日まで猛暑日が続くとなると、

9日連続となってしまいます・・・

寝苦しい暑い夜の対策法。解消する寝具と体温の調節方法

 

過去、東京で連続猛暑日が続いたのは最大でも4日しかありません。

以下のとおりです。

  • 1978年8月21日~24日
  • 1994年8月2日~5日
  • 2010年7月21日~24日
  • 2010年8月15日~18日
  • 2013年7月7日~10日

今年は記録を更新してしまう可能性が高いですね。

スポンサードリンク

 

今後一週間の予報について気象庁の発表によると、

8月4日から10日までは高気圧に覆われて、ほぼ晴れの日が続きます。最高気温、最低気温共に平年より高く、場所によってはかなり高いところもあります。降水量は平年並みか、平年よりは少し少ない見込み。熱中症など健康管理にご注意ください。

となっています。

 

東京の猛暑が続く原因は?

猛暑の原因はいくつかあります。

気候の面から言えば「太平洋高気圧が強い」ということが挙げられます。

高気圧は下降気流で、中心に近いほど下降するエネルギーは強くなります。

下降エネルギーにより、地上付近に暖かい空気がどんどん溜まっていきます。

そこに太陽の熱が加わって高温になっていくのです。

 

さらに台風13号の影響です。

台風13号の勢いが発達しているので、それにともなって

太平洋高気圧も強くなっていくのです。

結果、気温の高い状態が続くのです。

 

また、東京都は緑や土が少なく、コンクリート、

アスファルトが多いのも原因の1つです。

コンクリート類は昼間の太陽の日差しを受け、熱を蓄えていきます。

その熱は夜になっても保存してしまっているので、熱帯夜になるのです。

 

さらに、暑いからエアコンをみんなどんどん使うと、室外機の放熱量も

膨大になります。その結果、東京の気温が上昇していくと考えられています。

 

コンクリート、アスファルトの蓄熱とクーラーの放熱による

気温の上昇をヒートアイランド現象と呼んでいます。

 

猛暑日とは?

では猛暑日って実際には気温が何度以上のことをいうの?

熱帯夜とは何度?というと、

 

猛暑日とは1日の最高気温が35度以上ある日のことです。

熱帯夜とは夕方から朝方までの最低気温が25度以上になることです。

 

ほかには

夏日・・最高気温が25度以上の日

真夏日・・最高気温が30度以上の日

があります。

 

まとめ

今年の東京の連続猛暑日は記録的です。

熱中症にならないようにこまめに水分補給を心がけて、

健康に気をつけて下さいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

2 Responses to “東京の猛暑はいつまで続く?原因は?猛暑日の連続記録更新!”

  1. ☆りんでん☆ より:

    自由研究の資料に使わせていただきました。
    凄いわかりやすい説明が、良かったです!

    • sick より:

      ☆りんでん☆さん、こんにちは!

      お役に立てて光栄です。
      今後もできるだけわかりやすく情報を発信していきますので、
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ