遮光カーテンの級の違いは何?サイズの選び方と価格について解説します

a0c4fa465dbb2fbc8069956597c3478d_s

まぶしい・・・日差しを遮りたい。

そういえば、遮光カーテンってよく聞くけど、効果あるのかな?

1級とか2級とかあるけど、何が違うの?

サイズはどうやって選べばいいのか、価格はいくらくらいなの?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

遮光カーテンの級の違いを解説

お店に行くと、遮光カーテンには種類があることがわかります。

級で分けられていて、1級、2級、3級となっています。

具体的に遮光率がどれくらい違うのか?というと、

  • 1級 遮光率99.99%以上
  • 2級 遮光率99.80%以上
  • 3級 遮光率99.40%以上

となっています。

 

あれ?ほとんど変わんないんじゃないか?って思いますよね。

数字を見ると、1級と2級では0.2%程度しか違いませんから。

実は数字ではほとんど変わりませんが、実際に使用してみると

かなりの性能の違いがあります。

 

販売店が以下のように具体的な使用感を公表しています。

  • 遮光率1級・・人の顔の表情が識別できない
  • 遮光率2級・・人の顔あるいは表情がわかる
  • 遮光率3級・・人の顔はわかるが事務作業には暗い

 

遮光率1級のカーテンの使用感

遮光率1級のカーテンは実際に使用してみると、

全くと言っていいほど光を通しません。

 

例えば、夜にマンションを外から眺めてみます。

遮光カーテンを使用していない部屋は、カーテンを閉めていても

光が漏れているので「あ、この部屋には人がいるんだな」ってわかりますが、

遮光カーテンを使用している部屋は中から光が全く漏れないので、電気をつけて

いても外から見ると真っ暗で、留守なのか在宅なのか、わからないのです。

 

ちなみにその部屋に住んでいるのは私です。

普通のカーテンを使用していた時は光がだだ漏れでしたが、1級遮光カーテンに

してからは驚くほどに光が漏れなくなりました。

 

逆に言えば外からの光もほとんど入ってこないということです。

朝になっても気が付かないほどの遮光性で、

明るいと眠れない、という人にはおすすめです。

 

遮光率2級カーテンの使用感

遮光率2級のカーテンはわずかに光を通します。

スポンサードリンク

生地自体から光が漏れる可能性がありますが、外から見て人の

シルエットが見えるほどではありません。

 

遮光率3級カーテンの使用感

全体的にうっすらと光が入ってきます。

遮光ということになっていますが、光が入ってくる感覚は結構あります。

 

遮光カーテンのサイズと選び方

遮光カーテンは選ぶ際にサイズを間違えると、上部、側部から

光が漏れて入ってきます。こうなってしまうと遮光効果が落ちてしまうので、

できるだけ慎重に選んでいきましょう。

 

最近のマンションの窓枠はメーカーによってサイズが多様化しています。

ピッタリのカーテンにするにはオーダーで作るのが一番良いのですが、

オーダーでは費用がかかるので、既成品で対応していきます。

今は既成品の種類が豊富なので、探せば合うサイズが見つかりますよ。

 

まず、カーテンを買う前に窓のサイズを測ります。測るのは、

  • レール部分から、床までの長さ
  • 片方の窓の横の長さ

 

実際に購入するときはこのサイズよりも一回り大きい物を買うこと。

カーテンを閉めた時に窓を完全に覆うようにしないと

遮光率が落ちてしまいます。

 

また、ひだが多いものを選ぶこと

ひだが多ければ側面から光が漏れるのを防ぐことが出来ます。

私の場合は、カーテンを閉めてもかなり生地に余裕があるくらいの大きい

サイズのカーテンを購入したので、全く光がもれません。

※レール部分が窓枠より長くないと、遮光率は落ちてしまうので、一応そこも確認してみてください。短い場合は長いものに取り替えることをおすすめします。

 

遮光カーテンの一般的な価格は?

さまざまな価格がありますが、安すぎるのは良くないです。

買ってみたけど、遮光率が低かった、思ったようなものじゃなかった

ということもあり得ます。

 

カーテンの価格は業界では一窓10,000円と言われています。

機能もデザインも重視して、オーダーするならこれくらいかかりますが、

既成品で、デザインはある程度妥協できるのであれば、一窓5,000円
(一般的にはマンションの窓は2窓ですので10,000円ですね)

も出せばかなり機能のいいカーテンを買うことが出来ます。

 

私の場合、ニトリで買った二枚で10,000円弱の1級遮光、遮熱カーテンで、

機能は非常に満足しています。

 

まとめ

遮光カーテンは夏は眩しい日差しを防いでくれるし、冬は冷気を防いでくれます。

一年中使えるので1枚あると便利ですよ。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ