綿棒と耳かきは風呂あがりがいいの?頻度は?正しい方法は?

5f08b829f7f9f285226d121d62f6d223_s

私は耳かきが大好きです。

突然告白してしまいましたが、気持ちがよくってやめられません。

特にお風呂あがりなどは爽快です!

お風呂あがりに耳掃除をしたほうがいいのか?

その頻度はどれくらいがいいのか?正しい耳掃除の仕方は?

ということについて説明していきます!

スポンサードリンク

綿棒と耳かきは風呂あがりがいいの?

お風呂あがりに綿棒で耳掃除をする人は多いです。

その理由は、気持ちがいい、という理由ありますが、

「耳の中に入ってしまった水分を取るため」と考えている人が多いようです。

 

顔を洗ったり頭を洗ったりお風呂に浸かったりしていると、どうしても

耳の中に水が入ってしまいます。それを綿棒を使ってとるわけです。

ついでに耳掃除もできるので一石二鳥ですね。

 

耳垢のタイプは大きく分けて2種類

カサカサタイプ

ベタベタタイプ

あります。

 

私はベタベタタイプで、耳の中がウェッティーな状態が若干耐えられないのです。

なので、お風呂あがりの綿棒は必須です。

耳の中にある耳垢は水分を吸っているので膨張しているため、

非常に掃除がしやすいのです。

 

まずは綿棒で水分と一緒に耳垢を軽く掃除して取ります。

次に耳かきを使って、耳の内側の表面にこびりついている耳垢を

優しく削り取るように取っていきます。

 

最後に小指にティッシュを巻きつけて、耳の中全体を

丁寧にこすって耳掃除完了です。

「あ~スッキリした!」と思える瞬間ですね。

 

ちなみに耳かきの反対側についている梵天はほとんど使いません。

なぜかというと、くすぐったくなってしまうからです(笑)

 

綿棒と耳かきの頻度は?

一般的にみて、耳掃除の頻度はどれくらいなのでしょうか?

個人差があるので一概には言えませんが、いくつかの意見をご紹介しましょう。

 

2-3日に1回ですかね。綿棒も使いますが竹の方が好きです。 けっこう強くやってしまうようで最近耳が痛くて耳鼻科に行ったら中耳炎でした。それから怖くてやさしくやってます
一日にだいたい一回以下です。 お風呂あがりに綿棒でして、物足りなかったら木製のやつでやりますね。 でも友達で、耳かきをして、耳鼻科の先生に耳あかが奥にいってしまっていると言われたって言ってました。 やり過ぎでも悪い事はないのでしょうが、やり方によって良くない事もあるみたいですね。
ほとんどしていないですね。痒くなったときに、コチョコチョって感じ。 大きいのが取れたりすると「おおっ~!」って感じで熱心に取り組みます。耳垢は乾燥タイプ。耳かきは竹製です。
仕上げに羽毛でゴシゴシするのは遠慮します
ふ・・・とかゆくなったときに。 1週間以上しない事はないです。
1日1回以上はしてますね。結構自分でも多くないかな,やりすぎじゃないかなとは思うんですけど…。
働いているときは、1日に1回です。 今は主婦ですが、すぐ手元に耳かきがあります。 気がつけばしてます。3回以上です…。 耳は綺麗になってると思うのですが、ムズガユイので…。
なんだかムズガユイときです。 仕事がある日は一日二回はします。 めん棒派です。
耳が痒くなったときに適宜。 多いときは一日数回。少なくても3日に一回。 何本も試してようやく見つけたお気に入りの耳掻きを、 自宅のリビングと寝室、職場と実家に置いてます。 旅行にも必ず持ち運びます。ただし、掻くときは皮膚を傷つけないように、皮膚をなでるようにゆっくりとこすります。
元カノが耳掻きマニアで、毎晩風呂で耳にお湯を入れてふやかすよう指示されてました。 風呂からあがったらオリーブオイルを麺棒につけて耳のなかにぬりたくり、 30分ほど耳掻きを念入りにしてくれました。 彼女は大物がとれるたびに嬉々として耳カスを見せてくれました。
月1~2回です。 あまりやりすぎると耳の病気や耳の内部を傷つけると思うので。 ただ、病気なんかでたまってしまったら、それよりやります。

 

いかがでしょうか?

スポンサードリンク

人によって千差万別ですので、一週間に何回が正しいとか、

毎日だと多すぎだとかは全然気にする必要がないのです。

自分のしたいときにしたい分だけ耳掃除をしちゃって大丈夫です。

 

綿棒と耳かきの正しい方法とは?

とっても気持ちいい耳掃除ですが、正しい方法をしらないと

大変なことになってしまう場合もあります。

綿棒を耳の奥まで入れ過ぎると、逆に耳垢を

奥に押し込めてしまうことになりかねません。

 

耳垢が奥に溜まった状態でお風呂に入り続けると、耳の中に入った水分で

耳垢が膨張していき、次第に音が聞き取りづらくなることがあります。

こうなってしまうと耳鼻科に行って取ってもらうしかありません。

 

なので、綿棒を使う場合は耳の奥まで入れてはいけません。

耳の入口付近だけにしておきましょう。

もしくは粘着タイプの綿棒を使うこと。

そうすれば耳垢を奥に押しこむこと無く、綿棒の先っぽにくっつけてきます。

そしてメインは耳かきを使います。

使い方は手前に掻きだす感じです。

 

耳の中は思っている以上に繊細です。

耳掃除を頑張りすぎてしまうと、表面に細かい傷が付き、

外耳炎になってしまうおそれがあります。

 

ですので、耳掃除をする際は「優しく」ということを忘れないでね。

 

まとめ

耳掃除は気持ちが良いけど、やり過ぎは禁物。

耳は繊細な器官なので、鼓膜などに傷を付けないように注意を忘れずにね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ