ランニングマンのやり方とコツと動画(3代目JSB)

 

「ランニングマン」

三代目J Soul Brothersの曲「R・Y・U・S・E・I」の中で

踊っているダンスステップの通称です。

 

このダンスの魅力は簡単に踊れる&群舞が楽しいってことでしょう。

三代目 JSB「Summer Madness」ジェットマンの踊り方はこちら

三代目JSBポッキーCMのシェアハピダンスの踊り方とコツ

スポンサードリンク

ランニングマンのやり方

基本姿勢から説明します。

 

まず、

正面に対して左を向いてつま先を揃え立ちます。

右手を自分の右斜め後ろ上45度にあげ、人差し指を伸ばします。

左手は肘を引き、右手と同じ方向に向け人差しを伸ばします。

 

そして顔は右手人差し指が指している方向(ほぼ正面)を見つめます。

この時、上体は少し前傾しましょう。

 

ポイントは足の爪先の向きと、指が指している方向に

120度程度のズレを作る、というところです。

 

この形ができたら、その場で右膝を持ち上げ、ちょっと前に下ろします。

下ろした足に体重をかけ、ベタ足のまま後ろにスリップさせましょう。

 

スリップしたと同時に左足の膝を持ち上げて下さい。

この動作を6回繰り返します。

 

カウントで言えば「と1と2と3と4と5と6」

です。

 

最初の「と」の部分は前の小節の終わりの部分になります。

ここで右膝を持ち上げます。

スポンサードリンク

 

次の「1」の部分で右足を下ろして体重をかけています。

 

これを6回繰り返したあとに体の向きを切り替えます。

 

体の向きを切り替える時は両足でジャンプをします。

ジャンプは1回で90度回転してください。

 

なので1回目のジャンプで正面を向いて、2回めのジャンプで反対側を向きます。

 

そしたら、今度は左手を自分の左斜め後ろにあげて、

最初とまったく逆のことをして下さい。

 

以上です。

 

ランニングマンのコツ

ランニングマンのコツはできるだけ頭を動かさないことです。

頭の位置が左右に動いたり、前後にグラグラしないように気をつけましょう。

 

そのためには、足をスリップして次の足を持ち上げる時に、

その場でステップするように意識することです。

 

あともう1つは目線を定めること。

指を指している方向をしっかり見つめましょう。

 

これでブレないランニングマンの出来上がりです。

 

ランニングマンの動画

YouTubeにランニングマンを特集した動画があったので参考に

アップしておきますね。

まとめ

ランニングマンはすぐに覚えられる簡単なステップです。

1人で踊るより、何人かで踊ったほうが楽しいですね。

 

バッチリ決めれば盛り上がることまちがいなしですよ。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

One Response to “ランニングマンのやり方とコツと動画(3代目JSB)”

  1. 加藤幸 より:

    私は、学校の文化祭で、ランニングマンを踊ります。皆さんは、簡単だと思いますが、私は、ランニングマンをしていて難しいと思いましたが、本人映像を見たときに気づきました。ランニングマンは、とても楽しいダンスです。私は、ランニングマンを完璧に踊れるか少し不安な気持ちです。でも練習を頑張ればいつかランニングマンをかっこよく踊れると思います。どうか皆さん応援よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ