2015年の流行語を予想します。大賞を取るのはどれ?

sylvester-534233_640

2015年度も残すところ5ヶ月を切りました。

今年もすでにいろいろなニュースや事件があり、

さまざまな言葉が世の中を駆け巡りました。

今年の前半を振り返ってみて、流行った流行語は何か?

今年の大賞はなにか?ということを予想していきます。(随時更新中です)

スポンサードリンク

2015年の流行語を予想!

今年の流行語予想をピックアップしていきますね!

 

「安保法案」・・・法案の是非をめぐって、日本中が注目をしていたニュースです。デモ行進も全国各地で行われ、合憲か違憲か?と幅広く問題を提起した安保法案。これからどう展開していくのかも注目。

「ドローン」・・・無人の飛行型ラジコンのこと。遠隔操作やコンピューター操作によって飛行する。小型のものは30cm~1mで、大きいものだと10m以上の軍事用のものある。首相官邸の屋上に落下したことで一気に有名になった。

「イスラム国」・・・ISと呼ばれる中東の過激派組織。日本人のジャーナリストが捕らえられるという悲惨な事件がありました。

「ラッスンゴレライ」・・・お笑いコンビ「8.6秒バズーカ」のネタの一つ。「ラッスンゴレライ」を連呼し、子供たちに大人気となった。デビューから史上最速で「なんばグランド花月」でライブを開催した。

「あったかいんだから」・・・お笑いコンビ「クマムシ」のヒット曲。「あったかいんだから~」という歌詞の部分で、両手を顔の近くに持ってきてモジモジする振りが幼稚園児に大人気。曲の出来も素晴らしく、普通のバラード曲として楽しめる。

スポンサードリンク

「MERS」・・・韓国で大流行した病気。正式名称は「中東呼吸器症候群」。感染して死亡した患者は36名にものぼった。

「大阪都構想」・・・橋下徹元大阪府知事が就任当時から打ち出していた構想。二重行政の無駄をなくすために考えられたが、是非を問う住民投票で僅差で敗れ、廃案となった。

「北陸新幹線」・・・2015年3月14日金沢・富山と東京間を結ぶ北陸新幹線が開通した。首都圏と短時間で北陸を結ぶ。経済効果は200億円と言われている。

「ランニングマン」・・・三代目Jソウルブラザーズのヒット曲。走っているような特徴的な振り付けがランニングマンと呼ばれ、クラブ、ライブ、あらゆるシーンで踊る人が続出した。

「爆買い」・・・中国からの観光客が日本の薬局や電器店で、大量に日本製の商品を買っていく現象。一度に使う金額も10万円単位で、同じ商品を買い占める。中には中国語を話せるスタッフを常駐させ、ターゲットを中国人に絞ったお店をオープンする所も出て来た。

「女子力男子」・・・綺麗な服装を心がけ、無駄毛の処理、身だしなみを整えるアイテムを常に所持し、料理も上手という女子力の高い男子のこと。女子力が高いと言っても草食系ではなく、肉食系男子が多いのも特徴。

「火花」・・・お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が書いた小説。芥川賞を受賞したことで一気に有名になり、120万部に増刷された。若手お笑い芸人の火花のような生きざまを描く。

 

まとめ

まだ残り数ヶ月ありますが、振り返ってみると今年も

いろいろあったな~と思います。

これからも続々と新しい流行語が出てくると思うので楽しみですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ