健康診断で胃カメラを飲むのは何歳から?鼻からが楽?毎年必要?

doctor-563428_640

胃の調子が悪い時や、胃がんの検査などで必要に

なってくるのが”胃カメラ”です。

必要なのはわかるんだけど、周りからは「辛い」「苦しい」と聞きます。

胃カメラは何歳から飲むのか?鼻からだと楽なの?毎年必要?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

健康診断で胃カメラを飲むのは何歳から?

まず、健康診断を受ける目的を考えてみましょう。

ざっくり2つに分けることが出来ます。

  • 1つは生活習慣病の予防のため。
  • 2つ目はがん検診です。

 

若い時よりも年齢を重ねていくに従って、がんが発生する危険性は高まります。

平均的には、会社の健康診断では35歳から胃の検査が含まれてきます。

35歳で一度胃カメラ検査をして問題がなければ、次の検査は40歳から、という会社が多い

 

ただ、35才というのはあくまでも平均的な数値であって、

早い人は20才から胃カメラを飲んでいる人もいますし、

逆に50才でも「まだ一度も飲んだことがない」という人もいます。

 

実際には35才よりも若くして胃がんになっている人もいます。

ですので、自分の親、兄弟、親戚で35歳以下で胃がんになって

しまった方がいる場合は、早い段階での胃カメラ検査をおすすめします。

関連記事健康診断の前日の食事は何時までOK?当日の水や喫煙もダメなの?

スポンサードリンク

健康診断で胃カメラは鼻からが楽?

胃カメラを飲む方法は「口から」と「鼻から」の2通りあります。

「口からだと辛いけど鼻からだと少し楽だよ?」って聞いたことありませんか?

 

鼻からの胃カメラは口からのよりも直径が細い物を使います。

直径が細い分、解像度が低くなります。

つまり、胃の中の異常を見つけづらくなるのです。

ですので、病院によっては「胃カメラは口からのみ」しか

行っていないところもあります。

 

また、鼻から入れたとしても、鼻の奥の穴が狭かった場合、

うまく胃まで入っていかず、途中から口からにやり直す場合もあります。

あと、胃カメラを出し入れしているうちに鼻の内側が傷つき、

結構な量の鼻血が出る場合もあります。

ですので、確実なのは”口から”です。

 

それと、実際に胃カメラ検査を受けた人が口をそろえ言っているのが、

”お医者さんの腕”です。

これはお医者さん本人が言っていることなのでまず、間違いないでしょう。

苦しい検査なら上手なお医者さんに担当してもらって、できるだけ

痛みがなくスムーズな検査にしたいですよね。

 

ただ、個人差がありますので、実際にやってみないとわからないのが現状です。

口からでもそれほど苦しくなくすんなりと胃カメラを飲める人も

いますし、のどの反射が強くて「おえっ」となってしまう人もいます。

 

健康診断で胃カメラは毎年必要?

大変な胃カメラ検査ですが、毎年必要なの?というと、

実はそうでもありません。

体への負担が大きいですので、もういやだって思う人もたくさんいます。

金銭的な負担もありますからね。

ですので、3年に一度で大丈夫です。

 

ただ、年齢を重ねるごとに胃がんが発生するリスクが

高くなってくるということを忘れないで下さい。

胃カメラが辛いなら、バリウム検査でも胃がんを調べる事は可能なので、

できれば毎年受けたほうが良いですよ。

関連記事健康診断でバリウムは何歳から?前日飲酒は可能か?下剤の時間は?

 

一番いいのは検査の時にお医者さんに聞いてみることです。

どれくらいの頻度で受ければいいのか確認しておきましょう。

 

まとめ

健康は大事です。特に家族がいる場合、あなたが倒れて

しまっては一大事です。

健康診断で問題がなければ、ひと安心してまた一年間働くことが出来ます。

できるだけ、胃カメラ検診も定期的に受けてください。

特に家族にがんになった人がいる場合は尚更です。

※健康診断に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 健康診断に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ