体育祭の競技で盛り上がるもの

050310

体育祭は超盛り上がる学校行事の1つです。

種目によっては予想もつかないほど「わーっ」となる物もあるので、

ぜひとも取り入れていきたいところですね。

体育祭の競技で盛り上がるものを説明していきます。

スポンサードリンク

体育祭の競技で盛り上がるもの

以下の競技は実際に高校の体育祭で行われているものです。

学校によってさまざまな特色があって興味深いですよね~。

では紹介していきます。

関連記事体育祭のスローガンでかっこいい二字熟語と三字熟語

 

40人41脚

40人というのはクラス全員でっていうことですので、

30人31脚の場合もあります。

この競技のいいところは、練習で熱くなれるところ。

特に高校生活最後の体育祭だと、みんななんとしても勝ちたいわけです。

そのため、超練習するんですよ。

練習すればするほど、終わった後の感動は大きい物がありますからね。

 

騎馬戦

定番ではありますが、間違いなく盛り上がる競技。

男子の騎馬戦では真剣そのもので、ちょっとした

怪我をするくらいの勢いがあります。

それも若さですね。

 

棒倒し

最近、メディアで「防衛大学の棒倒しがガチ過ぎる」という記事を

見かけます。実際、YouTubeで見てみるとわかりますが、ハンパないです(笑)

「プロの棒倒し集団か?」ってほどの勢い。

みんな本気で倒しに行っているから、見ている人も当然テンションあがる

んですよ。間違いなく盛り上がる競技の1つ。

男女別でも可能ですね。

(怪我しないように気をつけてね)

 

鉄人28号

タイトルの通り誰が鉄人なのかを決める競技。

競うのは重さ20キロの砂袋を何分間持ち上げていられるか?ということ。

頭上よりも高く持ち上げて、何分間耐えられるかを競います。

各クラスから1人ずつ腕自慢の猛者を集めて、ヨーイドンで一斉に

持ち上げる。最後まで落とさなかった人が勝ちです。

 

教員仮装リレー

まず、各クラスの教員に立ってもらい各クラスで考えた衣装を着せ、

仮装させていきます。最後にはしっかりとメイクもしてしまいましょう。

そして、仮装した教員にリレーをしてもらうのです。

仮装だけでも十分面白いのに、必死にリレーで走っている姿を見ると、

面白くて盛り上がりますよ。

怖い教育指導の先生に女装させたりすると、ギャップがあって最高です。

スポンサードリンク

 

大縄跳び

クラス全員で何回飛べるかを競います。

誰かが1回でも引っかかったら負けのサドンデス方式でもいいし、

決まった時間内に何回飛べるかを競う回数方式でもしい。

この競技も相当練習して、クラス全員の息を合わせないといけないので、

いい思い出になることまちがいなしです。

 

風船割り対決

これは巨大なスイカ割りを想像して頂ければいいでしょう。

スイカの代わりに巨大な風船を用意します。

風船を割る人は目隠しをしてその場で3回グルグル回ります。

チームのかけ声で風船まで辿り着き、うまく割ることができたらクリア。

陸上でできるスイカ割りですね。見た目的にも非常に面白く楽しめますよ。

 

バブルサッカー

「新しすぎるバカスポーツ」として注目されています。

コチラの動画をご覧ください↓

すっごい面白いでしょ?

なんだかよくわかんないけど、みんなぶつかってひっくり返ってる。

サッカーというより、勢い良くぶつかることで楽しんでるみたいな。

先生も交えてやると最高かも。

普段は憎たらしい先生におもいっきり体当りしちゃったりし(笑)

これも盛り上がる人気競技ですよ。

こちらで購入することも可能ですよ。

 

まとめ

体育祭の思い出は大人になってからもずっと残ります。

みんなでどんどんアイデアを出し合って素晴らしい体育祭にして下さいね。

※体育祭に関する記事はこちらにまとめています。
体育祭 体育祭に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ