お彼岸にお墓参りをしたりおはぎを食べる意味は?お盆との違いもチェック

お彼岸の時期が近づいてきました。

お墓参りの予定を立てている方も多いと思います。

お彼岸の由来を知っていますか?

  • お彼岸に墓参りをする意味は?
  • お彼岸におはぎを食べる意味は?
  • お彼岸とお盆の違いは?

について説明していきます。

スポンサードリンク

お彼岸に墓参りをする意味は?

お彼岸とは「あの世とこの世が近くなる日」のことを言います。

三途の川をわたって、向こう岸(彼岸)に行ってしまった死者の魂が、

こちら岸(此岸)にやってくるのです。

 

お彼岸は日本独自の思想です。

もともとは、極楽浄土のある場所から考え方が始まっています。

死んだら行ける極楽浄土は西側のはるか遠くにあると考えられていました。

 

太陽は東から昇り、西に沈みます。

特に春分、秋分の日は真東から昇り、真西に沈む。

この沈んでいく太陽に極楽浄土を重ねて見ていたんですね。

 

生を終えた後は浄土に生まれ変わることを願いました。

それが時代とともに変わっていき、祖先を供養する行事へとなったのです。

 

ですので、お彼岸は墓参りをするのです。

「彼岸」とは、悟りの世界、迷いや苦しみのない理想の世界を指し、

「此岸(しがん)」とは私達が実際に住む、迷いの多い世界を指します。

 

2015年のお彼岸はいつ?

お彼岸は春分・秋分の日を中日にして前に3日、後ろに3日あり、

合計で7日あります

 

2015年度は9月20日(日)から始まり、秋分の日である

9月23日を中日にして9月26日(土)まで続きます。

 

お彼岸におはぎを食べる意味は?

子供の頃、お彼岸にお母さんが作ってくれたおはぎを

食べた思い出があります。

スポンサードリンク

お母さんって、ずいぶんたくさん作るんだよね・・

朝も昼も夜もおはぎみたいな(笑)

 

さて、お彼岸におはぎを食べる理由ですが、まず、

おはぎは小豆からできたあんこを使いますね。

この小豆は、昔から邪気を払う効果があると信じられていた。

なので、邪気を払う食べ物として先祖を供養する時に供えられていたんです。

 

それがやがて、お彼岸の際に食べるようになり、

現在のおはぎになったと言われています。

 

また、おはぎを漢字で書くと「お萩」となり、

秋の花「萩」を示しています。

 

「おはぎ」は、秋の花「萩」から来ており「お萩」とも書きます。

それに対して、春に食べるのは「ぼたもち」と言います。

それは春が「牡丹(ぼたん)」の季節だからです。

なので、秋に食べるのは「おはぎ」で、

春にたべるのは「ぼたもち」といいます。

 

実際には、中身はまったく同じですよ。

同じ食べ物なのに、季節に咲く花によって名前を変えるなんて、

日本の素敵なところですね。

 

お彼岸とお盆の違い

もともとお盆とは盂蘭盆(うらぼん)が由来しています。

明確な起源はわかっていませんが、昔は1年に2回、初春と初秋の

満月に祖先の霊が子孫を訪れて交流する行事がありました。

そのうち、初春のものが正月となり、初秋のものがお盆となっていきました。

8世紀頃に、夏に祖先を供養する風習が確立されていきました。

 

ですので、

  • 「お盆」・・・先祖のための供養をすること
  • 「お彼岸」・・・生きている人が彼岸に行こうと望むこと

 

と言えます。

 

まとめ

お彼岸はもともとは先祖を供養するというよりも、自分が

迷いのない理想のない世界へ行きたい、という憧れが始まりでした。

それが今は先祖の供養、というようにお盆とさほど

変わらないものになっています。

違いをわかっておくと、ちょっと聞かれた時に答えることが出来ますね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ