三代目JSBジェットマンのやり方と踊り方とコツ「Summer Madness」

ジェットマン

三代目JSBの待ちに待った新曲が解禁されました。

その名は「Summer Madness」まさにこれからの夏にピッタリの曲です。

飛行機やパイロットをモチーフにした振付が取り入れられていて、

巷ではすでに「ジェットマン」と呼ばれています。

「ジェットマンのやり方と踊り方、コツ」を説明していきますね。

3代目JSBポッキーCMのシェアハピダンスの踊り方とコツ

ランニングマンのやり方とコツと動画(3代目JSB)

スポンサードリンク

3代目JSBジェットマンのやり方と踊り方

まずは「Summer Madness」の動画をご覧ください。

ジェットマンと言われている振付部分は

  • 1回目・・1:34秒~
  • 2回目・・2:48秒~
  • 3回目・・3:46秒~

です。ただ、ミュージックビデオでは3回目のジェットマンの途中で

切れているので3回目はあまり参考にならないかもしれません。

 

では、早速振り付けに入ります。

歌詞で「サマーマッドネース~」と歌が入ってきますね。

「マッドネース」の最初の”マ”の部分がカウントの1になります。

この曲は8カウントで数えたほうがわかりやすいので数字で行きます。

 

まずは拳を突き上げるグループ

カウント1

右拳を真上に突き上げます。

同時に体重は左足に乗せ、右足は体重をかけずに真横にポイント。

 

カウント2

左拳を真上に突き上げます。

同時に体重は右足に乗せ、左足は体重をかけずに真横にポイント。

カウント1の動作と反対のことをすればいいだけです。

 

カウント3

カウント1と同じ動作。

 

カウント4

右拳を上に突き上げて、同時に右足を引き寄せてきて閉じます。

 

カウント5

左拳を真上に突き上げます。

同時に体重は右足に乗せ、左足は体重をかけずに真横にポイント。

 

カウント6

右拳を真上に突き上げます。

同時に体重は左足に乗せ、右足は体重をかけずに真横にポイント。

 

カウント7

カウント5と同じ動作

 

カウント8

左拳を上に突き上げて、同時に左足を引き寄せてきて閉じます。

 

敬礼してターンするグループ

カウント1

足を閉じたまま左手で敬礼の形を作り、額の近くに持ってくる。

 

カウント2

左手を斜め上に伸ばし、同時に左足を前にステップする。

 

カウント3、4

右足を軸に2カウント使ってゆっくり右に1回転する

(回転終了時に足を閉じる)

 

カウント5

スポンサードリンク

足を閉じたまま右手で敬礼の形を作り、額の前に持ってくる。

(カウント1と逆の敬礼です)

カウント6

右手を斜め上に伸ばし、同時に右足をステップする。

 

カウント7、8

左足を軸に2カウント使ってゆっくり1回転する。

 

両手を飛行機の翼のように広げるグループ

カウント&(前のビートの終わりとうまくつなげる)

回転終了時に左膝を軽く持ち上げる。

両手の平を正面に向け、肘から先だけ上にあげる。

 

カウント1

足は左足クロスして前進。

両手は腰の高さで左右に開き始める。

 

カウント&

両手を腰の高さで徐々に開いていき、右足右へステップ。

 

カウント2

両手は腰の高さで開ききり、左足を少し右足の方へ引き寄せる。

 

カウント&

右膝を持ち上げると同時に両肘を縮める。

体の中心に集めてくるように。

 

カウント3

右足を前にクロスする。

両手は肩の高さで指の先から水平に少しずつ伸ばし始める。

 

カウント&

左足横へステップ。

両手は伸ばし続けてる。

 

カウント4

右足を少し左足の方へ寄せる。

両手はここで一番伸びた形になる。

 

カウント&

左の膝を持ち上げると同時に、両手は肘から先だけを曲げて、

手のひらは正面に向ける。

 

カウント5~8はカウント1~4の繰り返し

この後にはさっきの「敬礼してターンするグループ」を繰り返します。

 

3代目JSBジェットマンのコツ

上記ではステップのカウントを説明しました。

各グループのコツを説明していきます。

 

最初の拳を上に突き上げる部分では、

体の軸がブレないようにすること。

上下や左右に上体がブレないようにします。

そうすると頭の位置が静かになり、激しく踊ってもクールな印象を与えます。

鏡を見ながら練習するとわかりやすいですよ。

 

次に、

敬礼してターンするグループでは、思いっきりカッコつけること。

ジェットマンのポイントとなる、パイロットをモチーフにした振付の部分です。

ウインクなんかしてみると、効果アップですね♪

 

両手を飛行機の翼のように広げるグループでは

リズムが細かくなってくるので、上手につなげて踊ること。

一歩一歩がうまく連動するようにね。

バラバラになっちゃうとカッコ悪いよ。

 

そして、このグループは

音楽のメロディーに合わせることも大事なポイントです。

最初はカウントで覚えて踊っていても、後から音楽の

メロディーに合わせられるように練習してください。

ステップがちゃんとメロディーに合うようになっていますから。

 

まとめ

今年の夏はジェットマンが来る?ってくらい

注目されている曲と振り付けです。

今のうちからしっかり練習をしておくと、

夏には余裕で踊りこなすことができるでしょう。

大事なのはとにかく練習です。

それでは頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

3 Responses to “三代目JSBジェットマンのやり方と踊り方とコツ「Summer Madness」”

  1. 臣大好き より:

    すごくわかりやすいダンスのやり方やコツになつてうから     覚えやすい                         ますます三代目が好きになりました              また新しいのが出たら乗せて下さい                      またコメントします

    • sick より:

      臣大好きさん、こんにちは。
      ありがとうございます。
      また新曲が出たら、見て解析したいと思います。
      よろしくお願いします。

  2. ねこ より:

    三代目JSBの臣大好きです!サマーマドネスは、曲のノリがとてもよくて、すぐに覚えることができました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ