動物性油と植物性油の違い。健康にいいのはどっち?

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

よく聞く「動物性油」「植物性油」

  • この2つの違いってなに?
  • 植物性油のほうが健康にいいの?

について詳しく解説していきますね。

スポンサードリンク

動物性油と植物性油の違い

まず、動物性油について説明すると、

名前の通り、動物の体内に多く含まれている油のことを言います。

 

ラードやヘット、バターも動物性油です。

常温では溶けにくく、固体であることが多いのが特徴。

白く固まっている油は動物性と考えてよいでしょう。

 

また、体内のコレステロール値を上げる働きをするものが多く、

高コレステロール血症に関係しています。

カロリーが高いため、摂取し過ぎると肥満の原因にもなります。

また、大量に摂取し過ぎると大腸がんの危険性が高まるとも言われています。

関連記事トランス脂肪酸を含むマーガリンが全廃になる?バターとの違いは

 

動物性油は旨みやコクがあるので、料理に使うのに

適していけど、油汚れが落ちにくい。

 

それに対し、植物性油は、

植物に含まれている油のこと。

スポンサードリンク

調理品などの食品の材料や、料理で揚げる時、炒める時に使われます。

 

動物性油と違い、常温で溶けやすく、液体な物が多い。

中にはココナッツオイルやカカオバターのように、

植物性油でも常温で個体のものもあります。

 

主な植物性油の種類としては

  • キャノーラ(菜種)油
  • オリーブオイル
  • 大豆油
  • 紅花油
  • ごま油
  • パーム油
  • ひまわり油
  • ココナッツ油
  • カカオバター

があります。味は動物性に比べてあっさりしています。

 

動物性油より植物性油が健康に良い?

よく「動物性油よりも植物性油のほうが健康に良い」ということを聞きます。

どうしてなのでしょうか?

 

それは植物性油が不飽和脂肪酸を多く含んでいるためです。

不飽和脂肪酸とは難しそうな名前だけど、簡単に言っちゃうと、

「血をサラサラにする」

力を持っているんです。

 

植物性油は常温で固まりにくい性質があるため、

摂取しても体内では液体の状態のままで、

血中の中性脂肪やコレステロールを調整します。

 

これに対して、動物性油は常温では個体の性質があるため、

摂り過ぎるとコレステロールの上昇や、

動脈硬化の原因となる危険性があります。

 

まとめ

動物性油と植物性油はどちらもいいところがありますので、

お好みで料理に使ってください。

健康志向の方は植物性油を多めに、グルメ志向の方は動物性油を多めに

使うと食事を楽しむことが出来ますよ♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

3 Responses to “動物性油と植物性油の違い。健康にいいのはどっち?”

  1. 中嶋 より:

    この説明だと、関連を読まなければ、植物性油は健康によい、マーガリン=
    植物性油、よってマーガリンは健康によいことになってしまいますね。多くの読者にい重大な誤解を与えていますね。

    • sick より:

      中嶋さん、コメントありがとうございます。
      確かに誤解を招く記事でしたので訂正いたしました。

  2. 招き猫又三郎 より:

    単純に動物性と植物性で良し悪し分けるのは無理があります.
    青魚に含まれるDHA・EPAも動物性脂肪です.

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ