海外旅行の持ち物で便利な物ヨーロッパ編。保険でおすすめは?お金は?

neuschwanstein-532850_640

ヨーロッパへの海外旅行。

いいですね~楽しいですよ。

海外に行く時に持って行くと便利なものと、おすすめな保険、

いくらお金を持っていけばいいのか?について説明していきます。

スポンサードリンク

海外旅行の持ち物で便利な物ヨーロッパ編

まず、飛行機内であったら便利なものを紹介します。

ヨーロッパのどの空港に行くにも10~12時間は飛行機に乗っています。

その間、こういうものがあったら快適に過ごせますよ♪

関連記事飛行機の手荷物に液体やクリーム状の物は国内線、国際線で持ち込める?

 

スリッパ

飛行機に乗っている間はファーストクラスでもない限り

横になって寝ることは出来ません。

 

エコノミークラスだと、隣が空いていた場合、斜めに近い横になって

寝ることが出来ますが、両隣が人に挟まれていたらそれも出来ません。

10時間以上座ったままです。

 

そうなるとね、足がメチャクチャむくむんですよ。

最初に履いてきた靴がきつくて履けないくらいパンパンになる。

なので、飛行機に乗った瞬間にスリッパに履き替えて下さい。

足が楽になりますから。

 

マスク

飛行機内は乾燥していますので、鼻や喉が弱い人は結構キツイ。

そんな時にマスク1つあればずいぶんと楽になります。

 

首用マクラ

エコノミークラスだと座席を倒しても角度に限度があります。

座ったまま寝るのは首が定まらず、結構しんどく疲労がたまります。

そんな時に、空気を入れて膨らますことが出来る首マクラ

があれば快眠できます。ネックレストとも言います。

 

寒さ対策用の上着

飛行機の中は思った以上に寒い時があります。

寒いとなかなか寝ることが出来ないので、

足元や、首もとを温めることが出来るちょっと大きめの上着があると便利。

また、レッグウォーマーなんかも足元を

寒さから守ってくれるので役に立ちます。

 

難解な本

ヨーロッパとの時差は約8時間。

時差ぼけしないためには、飛行機に乗ったらすぐに寝ること。

そのために役に立つのが、読んだら眠くなる難解な本。

難しすぎて全然ページが進まないものがおすすめです。

 


以上、機内編でした。

次は現地編ですね。

現地のホテルに着いてからあったら便利だと思うもの一覧です。

 

カップラーメン

ヨーロッパも国によって、食べ物の味がぜんぜん違います。

個人的に言えば、イギリスの食べ物はなかなか厳しいです(笑)

なので、小腹がすいた時用に

カップラーメンを持って行くことをおすすめします。

 

「カップラーメンなんて、ヨーロッパでも売ってるんじゃないの?」

はい、確かにヨーロッパのコンビニみたいなちょっとしたお店に行けば

カップラーメンは売ってるんですが、味がね・・・

ぶっちゃけ、カップラーメンは日本製が世界一ウマイです。

 

歩きやすいスニーカー

ヨーロッパの道は石畳が多く、底の薄い靴では足がすぐに疲れます。

かなりいろいろな場所を歩きまわることになるので、長時間歩いても

疲れにくい、歩きやすいスニーカーをおすすめします。

ゴム底でクッション性のあるものがベターです。

 

シャンプー

ヨーロッパのホテルのシャンプーは日本人の髪質には合いません。

洗ったあとに、ギシギシになります。

なので、髪が気になる人は日本からマイシャンプーを持って行くこと。

たまに街なかでもらえる試供品のように

小分けになっているものがあると非常に便利です。

 

ワイヤー錠

ホテルと言っても、安いホテルは注意が必要です。

スーツケースが開けられて中身を盗まれる危険性があるのです。

最悪の場合は、スーツケースごと盗まれてしまうこともあります。

もし盗まれてしまったら、日本大使館に連絡して対処してくださいね。

 

で、スーツケースを被害から防ぐためにはワイヤー錠を使います。

鍵をかけたその上からワイヤー錠でロックしてもいいし、

柱などに括りつけて置くのもいいでしょう。

 

ウエストポーチ

海外旅行で一番気をつけなきゃならないのが”盗難”です。

日本は平和な国で、盗難なんて無いんですが、海外は違う。

貴重品は必ず身につけていくこと。

 

ショルダーバッグなどは、体に密着していないため、

中身をスられても気づきにくい。

 

だから、体に密着していて、なおかつ目の届く場所に

あるもので”ウエストポーチ”が一番安心です。

 

ちょっと大きめのウエストポーチを用意すれば、財布、デジカメ、

ティッシュ、パスポート、意外とたくさんの物が入って便利です。

 

ガイドブック

当たり前といえば当たり前ですが、ガイドブックは絶対忘れないように。

スポンサードリンク

そして、現地で読むのではなく、1ヶ月くらい前から日本で読んでいくこと。

 

特に「地球の歩き方」はおすすめです。

国や地域ごとに分かれて詳しく書いてあるので、

事前に文化や風習について必ずチェックすることができます。

 

  • チップはどうすればいいのか?
  • おいしいお店はどこにあるのか?
  • 物価の相場はいくらくらいなのか?
  • タクシーの乗り方

といったことをしっかり調べておくこと。

行きたい場所や食べたいものは、入念にリサーチした方が、

旅行を3倍は楽しめます。

 

地図を見て場所を確認し、どうやって行くのか、交通機関も

調べておくこと。飛行機内でもチェックしておいてね。

 

パスポートのコピー

パスポートは海外旅行で一番大事なアイテムの1つ。

万が一なくしたり、盗難にあった時のためにコピーを2部とっておき、

スーツケース用、持ち歩きようと分けて別々の場所で管理しておくこと。

 

特に免税店で買物をする時にパスポートの提示を

求められることもあるから、忘れずに持ち歩きましょう。

パスポート紛失しちゃうと、しばらく日本に帰れなくなるよ。

 

クレジットカード

海外旅行ではクレジットカードはないとすごく不便です。

必ず持っていくようにしましょう。

VISAカードかマスターカードがあればヨーロッパの国は大体カバーできます。

さらに持っていったほうがいいのはJCBカード。

 

ヨーロッパの主要都市にはJCBプラザがあって、

現地観光ツアー、ホテル、レストラン、劇場チケットの

手配などをお願いすることが出来ます。

 

さらに観光ツアーでは5~20%の割引があります。

係員の方は現地に長く住んでいることが多く、現地の名所、名物や、

おいしいレストラン、ショッピングについてを教えてもらうことも出来ます。

 

嬉しいのは日本語対応をしていると言う点。

なにか困ったことが起きたら相談に乗ってもらえますので、

事前に連絡先をチェックしておくことをおすすめします。

 

JCBプラザが設置してあるヨーロッパの主要都市は、パリ、ロンドン、

ローマ、ミラノ、ジュネーブ、マドリード、バルセロナ、

フランクフルト、ウィーン、コペンハーゲン、アムステルダム、

ブダペスト、イスタンブール、アテネになります。

 

充電器のアダプター

デジカメや携帯、スマホの充電用のアダプターが必要です。

日本の充電器をそのまま持って行っても使えない場合があります。

事前に確認し、行く国の電圧に対応したアダプターも忘れずに。

 

その他

その他にあったら便利だなっていうちょっとしたものを紹介します。

  • 使い捨てカイロ
  • 歯磨きガム
  • ティッシュ1箱
  • オロナイン軟膏
  • ガムテープ
  •  チャック付きビニール袋

 

海外旅行の保険でヨーロッパ旅行時におすすめなのは?

海外旅行に行くときは、別途保険をかける必要があります。

海外旅行に行く人の9割以上の人が保険をかけると言われています。

 

やはり旅先で何か怪我や病気になったり事件や事故に

巻き込まれた時に、保険は心強いですからね

 

もし、保険をかけていなかった場合、何かあっても誰も助けてくれません。

お金も全て自分の責任で支払わなければならないのです。

なので、特に一人旅の場合は必ずかけていくように。

 

おすすめの保険会社は損保ジャパンです。

2014年度の海外旅行保険部門で満足度ナンバー1の保険会社。

ネット経由で申し込みすることで40%割になり、かなりお得。

 

プラン内容

傷害死亡・後遺障害 500万円

治療費用 1000万円

疾病死亡 500万円

賠償責任 1億円

携行品損害 30万円

救援者費用 1000万円

航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円

 

また、成田空港で保険に加入することも出来ますが、ちょっと高いですので、

できれば事前に損保ジャパンでの加入をおすすめします。

 

海外旅行でお金はヨーロッパにいくら持っていく?

大きな買い物はクレジットカードでするとして、乗り物や

露店での食べ物を買ったり、ちょっとした買い物をするように

現金を少し用意していったほうがいいですね。

 

目安としては1日1万円です。

ヨーロッパの物価はそれほど日本と変わりません。

もちろん、1ユーロが日本円でいくらなのかは

チェックしておいてくださいね。

 

それで大体は過ごすことが出来ます。

万が一、急に現金が必要になった場合は、日本と同じように

銀行のCD機を使い、クレジットカードでキャッシングすることが出来ます。

その時のために、クレジットカードの暗証番号は確認することも忘れずに。

 

まとめ

ヨーロッパ旅行は何度行っても楽しいところです。

ですが、日本とは違い治安が悪い場所もあるのは忘れないで下さい。

大事なものを盗まれたりしないように気をつけてくださいね。

それでは楽しい旅行になりますように♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ