ペットボトルの工作で簡単なもの。花、笛、水族館、花瓶、マラカス、ビーズ

86d87163e8760a76e7600f20a576e5f3_s

夏休みの工作何を作ろうかな?

毎年頭を悩ませるテーマだと思いますが、

今年はペットボトルを使ったものを作ってみましょう。

 

ペットボトルはいろいろな物を作るのに

使用することが出来る優れた素材です。

 

お花、笛、水族館、花瓶、マラカス、ビーズなど、

簡単に作れるものを紹介していきますね。

スポンサードリンク

ペットボトルの工作で簡単に出来るもの

どの工作を作るのでも必要なのはペットボトルと、カッター、

ハサミ、ボンド、布テープなどの道具です。

それでは行きましょう。

 

ペットボトルのお花

ペットボトルの底の部分を利用します。

底の部分ってよく見るとお花っぽく見えませんか?

 

底の部分を切り取り、マジックで色を塗ります。

水性では色がつきにくいので、油性のマジックを使用して下さい。

 

茎の部分には、針金のハンガーを使います。

クリーニングしたシャツについてくるあのハンガーです。

簡単に分解できます。

そこに、緑色のビニールテープを巻きつければ、茎が出来ますね。

 

葉の部分は、先ほど切ったペットボトルの残りの部分を切り開き、

葉の形に絵を書いて、はさみで切り取ります。

あとは花と葉を茎にボンドやテープで固定して花瓶に飾れば出来上がりです。

 

ペットボトルを切った部分はロウソクの火であぶると、滑らかになり、

触っても手を切ったりけがをすることもなくなります。

 

ペットボトルの笛

正確に言えばペットボトルのキャップを使った笛になります。

用意するものはキャップ2個と、紙パックとストロー。

 

具体的な作成方法はコチラの動画をご覧ください。

完成すれば、お巡りさんが交通整理の時に使う「ピーッ!」と

音の鳴る笛ができますよ。

 

ペットボトル水族館

ペットボトルを小さな水族館にしてしまいます。

上から糸で吊るすタイプじゃなく、本当に水を入れるタイプです。

 

用意するのは、ペットボトル、モール、ビーズ、

カラーセロファン、透明シートです。

 

透明シートに魚の絵を書き、色を塗りペットボトルの中に入れます。

モールとカラーセロファンは細かく刻んで入れます。

 

最後に水を空気が入らないくらいギリギリまで入れたら完成です。

スポンサードリンク

ペットボトルを上下に動かすと中のお魚が泳いでいるように見えますし、

ビーズやモールがとても綺麗なんです。

細かい作り方はコチラです。

ペットボトル花瓶

用意するのはペットボトルと、紐、紙粘土、絵の具です。

まずはペットボトルに紙粘土が貼り付きやすくするために、

紐でグルグル巻きにします。

 

できるだけ、隙間がないように紐を巻きつけるのがポイント。

 

巻きつけたら上に紙粘土を張り付けていきます。

普通に貼り付けてもいいし、何か形を作ってもいいですね。

乾燥したら絵の具で好きな色を塗って下さい。

 

段ボールを使った工作もあります。

夏休みの自由研究の工作をダンボールで作る。迷路やロボットもできる

 

ペットボトルマラカス

これは実際に振って音を出して遊ぶことができるので、子供も大人も

一緒に音楽にあわせて楽しむことが出来ます。

 

まずはからの1リットルの空のペットボトルを用意します。

中身は何を入れてもいいのですが、楽しめそうなものとして、

貝殻、色付きマカロニ、小豆、ビーズなど、カラフルなものを入れます。

 

出来上がったら蓋を閉め、柄の部分を作ります。

柄の部分は、サランラップの芯を使います。

持ちやすく、硬いのでそう簡単には壊れません。

キャップの部分にはめて、布テープで固定して下さい。

 

柄の部分がない場合は、容器を小さめの500mlサイズにし、

お互いの口の部分を布テープで固定すれば、その繋ぎ目を持って

振ることが出来ます。

 

ペットボトルビーズ

薄いプラスチック素材が熱で縮むことを利用してビーズを作ります。

使うのはペットボトルの凸凹のないツルッとした部分。

凸凹があると綺麗に縮まりせん。

 

ペットボトルを切り開き、模様を書きます。

この時使うのはポスカがお勧めです。

 

模様を書いたら、2センチ×1センチの大きさに切り分けます。

切り分けたものを、アルミホイルの上に並べ、オーブンレンジで

15秒位熱します。

 

すると、だんだんと丸まってきます。

この辺は様子を見ながら、時間を調整して取り出してくださいね。

 

うまくできるとと、筒状になり、その中に紐を通してつなげることが

できるようになります。

 

ですが、このビーズは100%確実にうまくできるとは言えないんです。

70%位は成功するけど、30%位は変な形に縮んでいまい、

失敗になります。

それはしょうがない、と割りきって捨ててしまいましょう。

 

まとめ

ペットボトルでの工作は結構種類があるので工夫次第で、

いろんな作品ができます。

お子さんと楽しみながら作ってみてくださいね。

※自由研究に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 自由研究に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ