浴衣に下駄を履くと痛い時の対処法。サンダル女性は?ビーチサンダルもOK?

079242

今年も夏がやって来ました。

花火大会、縁日など浴衣を着る機会です。

 

浴衣といえば、履くものは一般的は”下駄”ですが、

履き慣れてないと下駄って足が痛くなるんだよね。

 

その対処法と、どうしても痛い場合はサンダルを履いてもいいの?っていう

質問と、ビーチサンダルもありなの?について詳しく解説していきますね。

スポンサードリンク

浴衣に下駄を履くと痛い時の対処法

下駄を履いていると痛くなってくるところは主に2箇所あって

  • 鼻緒の部分
  • かかとの部分

です。

 

原因は下駄のサイズが合ってない、鼻緒が細すぎる、

歩き方が良くないということが上げられます。

 

鼻緒の部分が痛い場合は絆創膏で対処します。

親指の付け根と、人差し指の付け根辺りの

鼻緒に擦れる部分に絆創膏を貼って下さい。

 

当日は予備に多めに絆創膏を持って行くことを忘れずに。

 

ただ、絆創膏をベタベタ貼ると見た目がちょっとアレです。

気になる場合は上に足袋を履けば見えなくなるので大丈夫です。

 

今はレースの透かし入ったオシャレでかわいい足袋もあるので、

探してうまくコーディネートしてみてくださいね。

 

もしくは、足袋の代わりに親指と残りの指で

分かれているソックスも代用可能です。

 

こちらの方がカワイイものが多いので楽しめますよ。

次にかかとが痛い場合は歩き方で対処します。

 

下駄を履いた時の歩き方

実は「下駄を履いた場合の歩き方」というのがあるんです。

これを知っているのと知らないのとでは痛みが全然違ってきますから、

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

まず、足の指を鼻緒の奥まで突っ込まないこと。

浅くひっかけるような感じで履きます。

そして、親指と人差指で鼻緒をつまむようにしながら歩きます。

足の甲で鼻緒を支えてしまうと、足が痛くなってきます。

スポンサードリンク

 

この時重心はつま先の方に持ってきて、かかとを落とさないように歩きます。

さらに内股で歩けばバッチリです。

 

これで足の痛みはかなり解消されるはずです。

 

浴衣にサンダルを履く女性はどうなの?

「それでもやっぱり足が痛くなる・・」

という時は思い切ってサンダルを履いてください。

 

花火大会は基本的にどの会場でも最寄りの駅から歩くことが多いんです。

短ければ10分程度ですが、遠いところだと30分も

歩かなければならない場所もあります。

 

さらに、行きはまだいいんだけど大変なのは帰り道。

花火を見た人が一斉に帰りだすので、ものすごい人混みに

巻き込まれ、全然進むことが出来ません。

 

1時間以上歩かなければならない場合も出てきます。

そんな時に普段は着慣れていない下駄だと、相当のストレスがかかっちゃうね。

 

本来は浴衣には下駄が似合い、カランコロンという風流な音を楽しむ

ものですが、足が痛ければそんなこと言ってられないよね。

 

それに、最近の花火大会では浴衣を着ている

女性の半数近くがサンダルを履いています。

 

しかも、サンダルの種類のも豊富で

  • トングサンダル
  • ハイヒール
  • グラディエーター

まぁ、なんでもあり?といった様相を呈しています。

 

着ているのがちゃんとした着物ではなくて浴衣なので、考え方が

柔軟になってきているのかもしれませんね。

 

せっかくサンダルを履くのであれば、足があまり疲れない高低差のない

ものがおすすめですね。

 

あとは浴衣とのコーディネートが大事になってきます。

色やデザインを合わせて、違和感がないように組み合わせてくださいね。

 

浴衣にビーチサンダルでもいい?

サンダルがオッケーということなので、ビーチサンダルでも大丈夫です。

この時に気をつけるのは「底が厚いものにすること」です。

 

底が薄いと、階段を登り降りする時に浴衣の裾が

地面に擦れて汚れてしまうんですね。

 

また、大事になってくるのはやはりコーディネート。

浴衣の色、髪型、帯、バッグと合わせて一番違和感のない色を選んでね。

 

まとめ

浴衣を着る当日だけ下駄を履くのはちょっと心配ですので、

できれば家でなんどか下駄を履いて慣らしてみてください。

それで対策をしていくことをおすすめします。

どうしても痛い場合はサンダルでも全然オッケーです。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ