防災グッズセットで女性用は?必要最低限のものと置き場所

safety-helmet-150913_640

いつ襲ってくるかわからない災害。

「そう頻繁に起こらないから」と油断してはいけません。

 

常に、万が一の事態に備えておく必要があります。

私は東日本大震災で、防災グッズの必要性を感じました。

 

女性用はどんなものがいるのか?必要最低限の物は?

普段防災グッズはどこに置けばいいのか?を説明していきます。

スポンサードリンク

防災グッズセットで女性用は?

まず、女性は男性と違いあまり重いものを持つことが出来ません。

防災グッズにいろいろと詰め込みすぎて動けなくなってしまえば、

避難する時にも疲労が増えるし、時間もかかってしまいます。

 

心配でいろいろと詰め込みたい気持ちもわかりますが、

できるだけ軽量の方がよいでしょう。

 

アマゾンや楽天で「防災グッズ」で検索をすればいくつも出てきます。

ほとんどは大差ないものです。

そこから自分にあった防災を考えていくこと。

 

その中で実際に被災した女性が極限状態の中でこれだけは必要だと

感じたのは以下のもの。

  • 常備薬
  • 甘いもの
  • 生理用品
  • 下着
  • 歯磨きセット
  • 明かり(懐中電灯、ロウソクなど)
  • ホッカイロ
  • ティッシュ
  • ウエットティッシュ

 

この辺りを抑えておけば、3日間は凌ぐことが出来ます。

救援隊は72時間以内には救助に来ることになっていますから。

防災グッズで必要最低限なもの

防災グッズはみんなが同じ、というわけには行きません。

住んでいる地域の特性や、環境、家族構成、年齢などで

必要なものが変わってくるからです。

 

例えば、小さな赤ちゃんがいる家庭はオムツが必要だけど、

いない家庭には不要なわけです。

 

ですので、ここでは必要最低限のグッズを紹介しますが、

そこから先は自分でアレンジすることを忘れずにね。

 

阪神大震災や東日本大震災で被災された方が

スポンサードリンク

「これだけは必要」と感じたものは、以下のようになっています。

  • 小さくて軽い非常食
  • 空のペットボトル(水補給用)
  • ラジオ(手動で充電出来るものがいい)
  • 携帯充電器
  • 懐中電灯

 

中でも絶対に必要なのが”水”

被災地での水道の復旧はかなり時間がかかります。

 

なので、水を入れるための容器が必要になってきます。

本当はペットボトル程度では全然足りませんので、

大量の水を補給できるように折りたたみ式の袋がおすすめです。

 

折りたたみ式の「ウオータータンク」という商品は最大で

20リットルの水を補給することが出来ます。

 

20リットルあれば、一人で3日は過ごすことが出来ます。

 

防災グッズセットの置き場所は?

防災グッズは避難用と家用の2つ用意しておくのが理想的です。

避難用は動きやすいように軽めの物です。

家用のは大量の水や、長持ちする食料などですね。

 

避難用の防災グッズはすぐに持ち出せる場所に置くこと。

一番いいのは玄関です。

 

もし、自分の部屋に防災グッズを置いていたとします。

実際に大地震などの災害が起きた場合、部屋から持ち出すよりも、

本能的に家族の安全を優先してしまうので、

持ち出さずに出て行ってしまう危険性がるんです。

 

なので、玄関がベスト。

必要な物を、背負うことが出来るリュックに詰めて、

下駄箱の端の方に入れておくこと。

 

一軒家の場合は、庭に置いておくという方法もあります。

昔の人は、大震災で家が崩れたり、火災で燃えてしまったとしても

貴重なものを失ってしまわないように、庭に穴をほって地中に埋めていました。

これもひとつの方法です。

 

庭の物置に入れておくというのもいいですね。

家の外に防災グッズを置く場合は、場所が広いのでいろいろと

準備することが可能です。

 

大量の水を保管することもできるし、軍手やバールなどもあると、

何かと使えて便利です。

 

まとめ

ある日突然やってくるのが災害です。

予期できないから、日頃から準備をしておく必要があるのです。

私も玄関に防災グッズを置いてあり、小さな地震が起きるたびに、

それを持ち出すようにしています。

実際に起きた時に落ち着いて対処できるように、準備をしておきましょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ