柏崎の花火をシャトルバスで見に行く。混雑状況は?弁当は買える?

柏崎花火

今年の柏崎花火大会の日程は

2015年7月26日(日)

午後7:30~9:10

 

柏崎花火大会は海上からの打ち上げ花火で、

広範囲にわたって打ち上げられることでも有名。

なので、ある程度離れた場所からでも花火を楽しむことが出来ます。

 

目玉の「尺玉100発一斉打ち」「怒涛の尺玉300連発」

めちゃめちゃ贅沢で見応えがありますよ。

 

柏崎花火大会をシャトルバスを使って見に行く方法と、混雑状況、

出店で食べることが出来る名物弁当について説明します。

スポンサードリンク

柏崎の花火をシャトルバスで見に行く

打ち上げ会場である中浜埠頭まで、駐車場からシャトルバスが出ています。

駐車場は打ち上げ会場からは結構離れているので、ぜひご利用下さい。

 

駐車場は

  • 佐藤池駐車場・・1000台
  • 新潟産業大学駐車場・・560台
  • 新潟工科大学駐車場・・400台

の3箇所あります。

かなり台数に余裕があるので、満車になるということはそうありませんが、

当日は一応状況を確認しておくとよいでしょう。

FM・ピッカラ(周波数76.3Mhz)でシャトルバス、駐車場

に関する情報を常時発信しています。

 

シャトルバスはこの3箇所全てから発車しています。

時間は15:00~19:30です。

 

誘導の係員が丁寧に案内してくれるので、

迷うこと無くシャトルバスに乗ることが出来ます。

 

会場までの所要時間は25分。

利用料金は1台2500円(駐車料金込み)です。

 

駐車しないでシャトルバスのみの利用もできます。

その場合は一人1000円(小学生以下無料)となっています。

 

バスはスムーズに運行していて、座ることが出来るし

クーラーも効いていて快適ですよ(時間帯が遅いと立つこともありますが・・)

 

花火大会終了後もバスで駐車場まで連れていってくれます。

スポンサードリンク

かなり多くの台数が出ているので、大混雑に巻き込まれることもありません。

20分程度で会場を出ることが出来ますよ。

 

ただ、帰りは「佐藤池駐車場行き」と「工科大・産大行き」の

2路線が出ているので、間違えないように注意して下さいね。

 

柏崎の花火の混雑状況は?

柏崎花火大会は他の大きな花火大会に比べて、場所取りが容易です。

その理由は会場が広く、打ち上げ範囲も広いから。

 

有料席付近はいい場所なので、朝から場所取りで並んでいる人たちもいますが、

ちょっと離れた場所なら十分に席を確保することができます。

 

午後3時ころに着いても、大丈夫でしょう。

花火を遮る木とか建物もありませんので、ほぼどこからでも見ることが出来ます。

 

砂浜で見る場合は、レジャーシートを忘れずに。

 

それと、

会場付近にはトイレが3箇所あり、さらに臨時トイレが3箇所設置されています。

また、シャトルバス発着場所にも臨時トイレが設置されています。

 

会場内に入れば、混雑しますので事前に行っておきましょう。

 

柏崎の花火で弁当は買える?

会場では名物”花火弁当”が販売されています。

せっかく柏崎に行くのなら、ぜひ名物の物を食べたいです。

 

柏崎といえば有名なのが”鯛(たい)”

 

柏崎鯛めし・・1300円

花火大会でしか食べることが出来ない300食限定のお弁当。

天然真鯛と天然コシヒカリにこだわった逸品です。

 

ご飯の上に鯛の切り身がドーンと乗っかっています。

しかもこの鯛は2段になっていて、食べ進めていくと

ご飯の中からまた鯛が出てくるという贅沢な豪華弁当!

 

鯛漁弁当・・1500円

柏崎は鯛の水揚げが県内有数の場所。

自慢の鯛料理に鯛の親子漬け、他海の幸をふんだんに取り入れています。

 

まとめ

柏崎の花火大会は、それほど混雑しないので快適に見ることが出来ます。

暑いと思いますので、暑さ対策は忘れずにね。

それではお楽しみ下さい♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ