自動販売機でお金が戻ってくる。仕組みと裏ワザを解説

9e198ecefcb9372056a32119e3832c14_s

「あ~、のど乾いたな。ジュース飲もうっと」

うだるような暑い夏。

あなたは財布から100円玉を取り出し、自動販売機に入れる。

 

チャリーン・・・

「あ、戻ってきた」

もう一度入れてみる。

 

チャリーン・・・

また戻ってきてしまった。みんな一度は経験があるこの

”自動販売機に入れたお金が戻ってきてしまう現象”

どうして起きるのか、その仕組と、裏ワザまでを解説していきますね。

スポンサードリンク

自動販売機でお金が戻ってくる

自動販売機に入れた硬貨がセンサーに反応しないで、そのまま

ストーンって落ちてくることってありますね。

 

この硬貨って、何回入れても反応してくれないんだよね。

その原因は作られた年度やではありません。

 

基本的に一度に使える硬貨の枚数は500円玉は3枚まで、

100円玉は4枚までと言われていて、それ以上入れた硬貨は

戻ってくる仕組みになっています。

 

それ以外の原因で戻ってくるお金について以下に説明します。

 

自動販売機の仕組みはどうやってお金を判別してる?

自動販売機がお金を読み取る仕組みは、

スポンサードリンク

入り口から「大きさ」「材質」「重さ」を判別しています。

 

それによって、500円硬貨、100円硬貨、50円硬貨、

10円硬貨を判別しているのです。

 

また、硬貨が戻ってくる時に、同じ硬貨を思い切り勢いをつけて入れたり、

判別されるようにゆっくり入れる人がいますが、

じつはそれは全然効果がありません。

 

なぜかといえば、硬貨を入れたら入り口で一定の

速度で落ちていくような仕組みになっているのです。

 

ですので、勢いをつけてもゆっくり入れても

判別されないものはやはり判別されません。

 

自動販売機の裏ワザでお金を判別させる方法

ではどうすれば戻ってくるお金をちゃんと入れることが出来るのでしょうか?

実は、センサーにちゃんと反応させるためには、

「硬貨が綺麗な状態である」

ということがポイントになってきます。

 

つまり、汚れがひどい場合はセンサーに反応しないのです。

なので、

反応しない硬貨はキレイに汚れを拭き取ればよい。

 

また、実はもう一つの裏技があります。

それは、

「戻ってきたら裏返して入れる」方法です。

 

これによって、センサーが逆側を判別するので、

しっかり入る確率が高まるのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

誰しも経験のある自動販売機に入れたお金が戻ってきてしまう仕組み。

これで対策方法はバッチリですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ