暑中見舞いの英語の文例。と手紙の書き方、先生に出すには

e3f578e97bc61d5e3f62236ffe6de0a6_s

暑い夏。

暑中見舞いの時期ですね。

英語の先生に暑中見舞いを出してみましょうか?

英文での「暑中見舞い」の書き方の文例について説明していきますね。

スポンサードリンク

暑中見舞いの英語の文例

基本的には英語には日本語の「お見舞い」にあたる言葉がありません。

病気や怪我になってしまった人を見舞う時は

「Wissing you a speedy recovery」

「Get well soon」

のように”早く良くなって下さい”という使い方をします。

 

季節に関しては「祝う」という感覚が強く、

「暑い」「寒い」ということも肯定的に捉えます。

なので”楽しんでいる”というニュアンスの文章になります。

 

なので「暑中見舞い申し上げます」を英語に訳すと

  • Happy summer time!
  • Celebrate the summer!
  • Are you enjoying the summer holidays?
  • I express my summer greeting card
  • I wish you’ll have a nice summer vacation!
  • Did you enjoy this summer?
  • Best wishes for the hot season
  • Summer greetings to you
  • This is my summer greetings to you

 

こんな感じですね。

スポンサードリンク

どの文章を見ても

「Happy」「Enjoy」「Nice」といった、プラス思考の単語が使われて

いることがわかりますね。

この冒頭文の後にご自分の近況を伝えてあげて下さいね。

関連記事暑中見舞いの時期と上司への書き方。抽選番号無くても大丈夫?

 

英語の手紙の書き方で先生に出すには?

冒頭にはDearを使います。

Dearは日本語では「拝啓」という意味になります。

 

ニュアンスとしては「親愛なる」とか「大切な」という意味合いの言葉です。

使える相手としては、友人にはもちろん使えますし、

先生や師匠などのお世話になっている方にも使うことが出来ます。

 

文末の「敬具」に当たる部分は、基本的にはRegardsBest Regardsを使います。

目上の方に対して使う場合はSincerelyを使います。

 

まとめ

英語での暑中見舞いの書く場合は、特に難しい文体を書く必要はありません。

自分の気持ちを一生懸命伝えようとすることが大事なんです。

多少、文法がおかしくても、気持ちはちゃんと伝わりますよ。

頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ