布団のダニ退治はクリーナーが効果的。 レイコップかダイソンか?

ea282c1c268e3d0cbd5f110695cc4871_s

布団には必ずと言っていいほどダニが住んでいます。

ペットを飼っている家なら、なおさら多いですよ。

 

その数は数千匹にものぼると言われていて、それらが

喘息やアレルギーなどを引き起こす原因となっています。

 

布団クリーナーは効果的なのか?

レイコップとダイソンはどちらの製品が有効なのか?

を説明していきますね。

スポンサードリンク

布団のダニ退治はクリーナーが効果的

布団にいるダニは死んでいるのもあれば、生きているのもいます。

生きているってことは当然”フン”をするわけです。

そのフンやハウスダストが喘息やアレルギーを引き起こす原因となっています。

 

実際に私も夜中に咳き込んで眠れなくなることもあるし、

手足が痒くなって赤くはれてしまうこともあります。

 

除去する方法としては、布団乾燥機を使ったり、お日様に干したりという

方法がありますが、乾燥機はとにかく時間がかかる。

1回かけて30分、ひっくり返して30分、たたんで30分・・・

干すのも、布団を移動するのが面倒だし、晴れてる夏の日しか出来ない。

 

それで、いつでも手軽に掃除ができる布団クリーナーを買うことに決めました。

 

今はいろいろなメーカー布団のダニやハウスダストを除去する

高性能のクリーナーを販売しているので、

どんな商品があるのか実際にお店に行って見てきましたよ。

 

その中で代表的な2つ「レイコップ」「ダイソン」

について見てみましょう。

関連記事カーペットの洗濯は家でできる!大きい物の洗い方と干し方を紹介!

 

布団のクリーナーはレイコップか?

レイコップの売りは

「布団を叩いて、ダニやほこりを布団の上に浮かせて、

紫外線を当ててダニを退治し、吸い込んで除去していく」

 

実際に持ってみるとわかるんだけど、レイコップのクリーナーは

かなりの重量があります。これがミソ。

布団にぴったり密着して、ダニを逃さないんです。

 

掃除機が軽すぎると、布団との間に隙間ができてしまい、

効率的にダニを吸い込むことが出来ないからね。

なのでかなりの重さがあります。

 

更に、ひっくり返してみてみると、布団を叩くパッドが幾つかついてます。

このパッドが振動して一分間に4000回も布団を叩き

内部のダニやホコリを浮かせるのです。

 

パッドの数は値段によって変わり、安いと1つ、高いと4つついてます。

 

また、掃除機ってゴミを捨てる時にホコリやハウスダストが

「ブワッ」て舞うじゃないですか。

スポンサードリンク

これではせっかく吸い込んだホコリをまた空中にばら撒くようなもの。

 

そこを考慮し、

レイコップは水の中でゴミを捨てることができるので、ホコリの飛散を

0にすることが可能なんです。

 

布団のクリーナーはダイソンか?

私は個人的にダイソンが好きなので、偏った意見になるかもしれません。

ダイソンの何が好きなの?って聞かれたら

 

「圧倒的な自信」

です。

吸い込むことに関しては誰にも負けないという自負。

ここまで自信満々なら「買ってみようじゃないの」って気になっちゃうもん。

 

布団クリーナー売り場に行くと、各メーカーが宣伝用のVTRを流していますね。

先ほどのレイコップもいろいろと宣伝してるわけです。

ダイソンのブースはレイコップの真正面にり、ダイソンも

自社の宣伝を流しているのですが、それがまたとても挑戦的なんですよ。

 

布団を叩いてもダニは出てこない。

それはダニが鉤爪で布団の奥の繊維にがっしりとしがみついているから

 

紫外線を照射しても生命力の強いダニは死なない

 

ダイソンは一般的な布団クリーナーの4倍の吸引力

 

他の布団クリーナーのメーカーに対しての気持ちいいくらいの強気の態度。

これだけの宣伝を打つっていうのは、よっぽどの自信がないとできる事じゃない。

 

とにかく「絶対に吸い込む」というのがダイソン。

 

電源を入れると、掃除機のF1マシンのようです。

かと言って、そんなに音がうるさいわけじゃないですよ。

 

でも、モーター音が「吸ってやるぜ!!」っいうやる気を感じさせる。

 

私もそれが決め手となり、迷った挙句ダイソンのハンディクリーナーにしました。

 

ダイソンのハンディクリーナーを使ってみて

購入したので早速使ってみました。

まずは自分の枕に。

 

あまりの吸引力の強く、重いそばがらの枕を持ち上げることが出来ました(笑)

吸い込んだゴミは透明な部分に溜まっていくのでよく見えます。

 

ほんの30秒位かけただけで、ゴミがたまったので、

一旦クリーナーを止めてよく見てみました。

 

茶色の粉末状のホコリがとれています。

「これは・・ダニのフンか?」

 

今まで普通の掃除機じゃ絶対に取れなかったような小さなホコリ。

こんなホコリまみれの所で寝ていたなんて・・・

どうりで咳が止まらなくなるはずだよね。

 

これは実際にやってみないとわかんないけど、背筋が凍りつきそうになるくらい、

ホコリが取れますから。

 

ちなみに、ダイソンのハンディクリーナーは充電式で、20分間使用可能です。

 

まとめ

レイコップもダイソンもどちらも高性能です。

実際に2つを買って使い比べることは難しいと思います。

 

丁寧に優しくオシャレに布団を綺麗にしたい場合は「レイコップ」

ちょっと力技だけど、ダニを吸いまくりたい場合は「ダイソン」

といったところですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ