食後に睡魔に襲われる原因は?異常なくらい眠い?対策は

e49f9d6448fdde93739b8da37677f011_s

食後に襲われる睡魔。

たまにどうしようもなく、強烈な奴がいて、

抵抗できなく負けてしまう場合があります。

 

睡魔の原因と、異常な睡魔に襲われた場合、

対策法について説明していきますね。

スポンサードリンク

食後に睡魔に襲われる原因は?

「お腹いっぱい食べた~!」

 

美味しいものを食べたあと、徐々に襲ってくる眠気

何が原因なんでしょうか?

 

主に原因は2つあります。

 

・食べたものを消化するために、胃や内臓に血液が集中し脳の血液が減少する

・食事を分解する酵素が不足している

 

上の「胃に血液が集まる」というのは有名な話で聞いたことがあると思います。

実際、お腹いっぱいになったあとは難しい話とか作業はできないし、

なんだかぼんやりしてきますよね。

 

それに対して、酵素不足というのは、食事を分解するために

必要な酵素が体の中に十分にないということ。

 

そのため、一時的に体を休めて眠ることで

体の酵素を集めてきて、消化にあたるのです。

 

この酵素というのは、食事内容を変えれば摂取することが可能です。

酵素が多く含まれている食べ物を摂取すれば解決するわけですね。

 

酵素が多く含まれている食べ物は

  • キウイ
  • パイナップル
  • バナナ
  • 大根
  • メロン
  • りんご
  • 柑橘類
  • 豆乳

 

など。ちなみに、酵素は40度以上の熱で分解されてしまうので、

熱を加えないで調理することです。

 

食後の睡魔が異常

食後に以下のような異常な睡魔に襲われたことありませんか?

 

・立っていられないくらいの強烈な睡魔

・トイレに行ったら、つい眠ってしまい気がついたら30分過ぎてた

・仕事中、パソコン画面を見ながらガクッと落ちる

 

睡眠は生きていく上で体にとって必要な行為です。

睡眠量が不足すると、体は生命を維持するために

行動を抑えて体を守ろうとします。

その結果、足りない睡眠を日中に補おうとして眠くなることがあります。

スポンサードリンク

 

しかし、それでも足りないくらいの睡魔に襲われてしまう場合は、

もしかすると病気の可能性もあります。

 

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • ナルコプレシー

 

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている時に呼吸が止まってしまい、体が酸欠状態に

陥ります。その結果、深い眠りに入ることが出来ず、昼間でも眠くなるのです。

 

ナルコプレシーは毎日十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、昼間に

突発的な睡魔に襲われてしまい、ひどい場合はその場に崩れ落ちてしまいます。

 

眠すぎるので病気かと思う場合は、お医者さんに診てもらいましょう。

睡眠に関しては「内科」「心療内科」「精神科」で診てもらうことができます。

 

食後の睡魔対策は?

睡魔対策を幾つかピックアップします。

 

  • 眠気を覚ますガムやフリスク
  • 10分間だけ寝る
  • 作り笑いでいいから笑う
  • お昼に何も食べない

 

眠気を覚ますガムやフリスク

ガムやフリスクは食べると「ツーーーン!!」とした

刺激が来るので、眠気は冷めやすいですね。

 

常にポケットに幾つか持っておくようにすると安心です。

 

10分間だけ寝る

ほんのちょっと寝ることで脳がリフレッシュします。

あくまで”ほんのちょっと”がポイント。

 

もし30分も寝てしまうと、体が本格的な睡眠モードに突入してしまい、

ますます眠くなってしまうので気をつけてください。

 

作り笑いでいいから笑う

また”笑う”という行為が脳を活性化させ、眠気に勝つと言われています。

「面白くもないのに笑えないよ」

って思うかも知れませんが、作り笑いでも構わないんです。

 

声に出して「あはははは」って言ってるうちに、

なんだかよくわかんないけど楽しくなってきますからね。

 

お昼に何も食べない

極端かもしれないけど、食べて眠くなるのなら、

食べなければいいんじゃない?って考え方です。

 

お腹が空いても、眠くなることはありません。

どうしてもお腹が空いた場合は、ちょびっとだけ食べる。

 

腹二分くらいに抑えておくこと。

 

まとめ

睡魔に打ち勝つのは難しいです。

そのためには食生活、生活習慣などを見なおしてみることです。

どうしても改善されない、睡魔がひどすぎる場合は、

一度お医者さんに診てもらって下さい。

原因が分かれば、また対策法も生まれます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ