茅ヶ崎で神輿が海に入る浜降祭。2015年度の出店は?駐車場はある?

6da4b817acc4cb9f415f475cd6cbae8f_s

茅ヶ崎市の4大まつりの1つ「浜降祭」

毎年海の日に行われ、各地から集まってきた何十基もの神輿が

人に担がれたまま海に飛び込むダイナミックなお祭。

 

茅ヶ崎で行われる浜降祭の内容と、出店の時間、

駐車場に車は止められるのか?までを説明していきます。

スポンサードリンク

茅ヶ崎で神輿が海に入る浜降祭

この浜降祭は別名「暁の祭典」と呼ばれています。

なぜかというと、「暁」=「早朝」に行われるからなのです。

 

こんなに早い時間から始まるお祭りも珍しいですね。

深夜から始まり、早朝にクライマックスを迎え

午前10時には終わってしまいます。

 

場所は茅ヶ崎の「西浜海岸」ここに、39基の神輿が集まってきます。

これだけ多くの神輿が集まると壮観ですね!

スポンサードリンク

 

各神輿は、西浜海岸に集まるために早い時間から準備をしてやってきます。

深夜0時に出発する神輿もあります。

 

そして午前7時、式典が始まります。

こちらが神輿が海に飛び込んでいる動画になります。

 

浜降祭2015の出店の時間は?

浜降祭にももちろん、出店はあります。

海に飛び込むのが午前7時ですので、その時間に合わせてには

お店は開いてますよ。

 

浜降祭に駐車場はあるの?

浜降祭では神輿はトラックで運搬してくるのです。

ですので、海岸や近くの駐車場はそのトラックや担ぎ手が乗ってくる

バスが止まるのに使用するので、ほとんど空いていません。

 

ですので、車で見に来た場合は駅周辺に止めるしか駐車場はありません。

 

まとめ

神輿を担いで海に飛び込む浜降祭。

40基近くの神輿が集まる様子はなんとも言えない迫力があります。

しかも、年々神輿の数は増えてきています。

それでは楽しんでいってらっしゃい♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ