シャツワンピースの着こなし春。流行の白とウエストリボンの物まで

0bfcb8772018b60aca14312cd0197879_s

”時短”になることも魅力の1つである「シャツワンピース」

例年に比べて、今年は流行していて、種類も豊富になってきてます。

 

そこで、シャツワンピースの春の着こなしと、流行色の白、

お腹まわりが気になる人でも着ることができるウエストリボンの

ものまでご紹介していきます。

スポンサードリンク

シャツワンピースの着こなしは春なら?

襟があるシャツ風のワンピース「シャツワンピース」

サッと着るだけでスタイルが決まるので、

朝が忙しい人や服のコーディネートを考えるのが苦手の人に向いています。

 

一番人気の清潔感があるストライプシャツワンピースの着こなしは、

布製のベルトを付け、紺色のジャケット、パンプスの組み合わせでOK。

 

これで子供の学校行事などのオフィシャルな場に行っても大丈夫です。

また、白のデニムジャケットやスリッポンを合わせれば、休みの日の装いに。

 

デニムシャツワンピースの場合は、スキニージーンズがおすすめ。

上がゆったりしているので、下はキュッとしているのがいいですね。

靴はサンダルがいいでしょう。

 

ロングのシャツワンピースの場合、ワンピースの上に、前を開けて

スポンサードリンク

コートのように羽織るのもありです。

また、腰に巻き付けて袖の部分で結び、巻きスカートのようにもできます。

あとはベルトでアクセントを付けて、差し色でカーディガンを羽織るとかね。

 

シャツワンピースの白は透ける?

今年の流行色は”白”

白色は顔を明るく見せてくれるし、清潔感もあります。

まさに今年の春にピッタリの色。

 

ただ、シャツワンピースにはスカート部分に

裏地がついていないことが多いんです。

白色の場合は透けてしまわないか気になるところ。

 

ベージュの下着をつければ透けることを防ぐことは出来ますが、

足の形が透けることは防げません。

 

ペチコートをはけば、足の形が透けるのも防ぐことが出来ます。

 

1枚で着る場合はスカートの下にペチコートをはくと大丈夫です。

素材としてはコットンで出来ているものが

足にくっつかないので動きやすくて便利です。

 

シャツワンピースでウエストリボンがついているもの

お腹の前あたりに小さく結べるリボンがついているため、

おなか周りが気になる人も着やすいのが特徴です。

 

1枚で着てもいいですが、脚を出すことこに抵抗がある人は、

細身のパンツを合わせると軽快な雰囲気になりますよ。

 

まとめ

今年流行のシャツワンピース。

1枚でサッと着ることができるので、時間がない人にとっては本当に便利です。

着こなし次第でフォーマルにもカジュアルにもなので、

1つは持っておきたいところですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ