小学生が自由研究を1日で簡単に終わらせる方法とやり方

people-316506_640

あ、もう夏休みも終わってしまう!

課題の自由研究をやってないよー!

どうしよう?

 

時間がなくても1日で簡単にできる小学生の自由研究を紹介していきます。

スポンサードリンク

小学生が自由研究を1日で簡単に終わらせる方法

1日で終わらせることが出来る自由研究を紹介していきます。

どれも簡単にできますので、集中して一気に終わらせてしまいましょう!

関連記事小学生の自由研究でドライアイスの実験例。購入方法は?入れる容器は?

 

アロマキャンドルを作る

ロウソクが溶ける融点は何度なのかを調べたり、

溶けたロウソクが今度は何度で固まるのかを調べます。

 

また、何本のロウソクを使ったのか、どれくらいの時間で溶けたのか?

複数の色でキャンドルを作る。

数種類の匂いのキャンドルを作る。

 

ドライアイスの研究

・ドライアイスをコップに入れてお湯をかけると霧のようになる。

水の量と、どれくらいの時間で消えるのかを測定する。

 

・ドライアイスをビニール袋に入れる。

体積が膨張するのでビニール袋が膨らんで、やがて破裂する様を

写真にとって模造紙に貼り付ける。

 

・カメラのフィルムケースに入れてフタをすると、やがて膨張してフタが

吹き飛ぶ。その過程を観察する。

 

・コップに入れたドライアイスにロウソクの火を近づけて消えることを確かめる。

ドライアイスが二酸化炭素で出来ていることと、空気より重いことを実験する。

 

人の感覚について調べる

服を脱いで手、腕、足、背中、顔、いろいろな部分に

水性ペンで小さな点を書きます。

 

被験者は目隠しをしておき、第三者にその点をランダムに触ってもらいます。

触ってもらった後、自分でその場所を指で指しましょう。

スポンサードリンク

 

これが意外とずれていることが多いんですね。

それだけ人間の感覚がファジーということなのですが、

そのズレが大きかった部分、または殆どなかった部分。

その理由について自分なりに考えてみるとよいでしょう。

 

家族旅行記

もし、家族で旅行に行ったなら、それを自由研究の題材にしましょう。

1枚目には行程を詳しく書きます。

何日の何時にどこに行きました、という内容です。

 

2枚目には行った先の事を書きます。写真もあればいいですね。

体験したことを詳しく書いていきます。

最後には感想で〆ます。

 

自由研究って小学生のやり方はあるの?

自由研究とは基本的にはその名の通り「研究」です。

じゃあ研究ってどんなことをすればいいのか?っていうと、

 

  • 変化するものを調べる

 

変化するものは、長期的なものと短期的なものがありますが、

ここでは短期的な物で説明します(なにしろ時間がないんですよね?)

 

上記実験でも書きましたが、例えばアロマキャンドルを作るのにあたって、

ロウソクが溶け出すまで、何度で熱して、どれくらいの

時間がかかったのか?という変化を調べるのです。

 

それをデータにしていくわけですね。

時間の経過とともに、写真をこまめに撮るのも効果的です。

それらをグラフにすればいいものができます。

 

それによって、自分で新たに気づくことやあり、興味を持つことが出来ます。

 

もっと簡単にいえば自由研究は「データの結果」なんです。

たくさんのデータを集めることで、人が気づかなかった発見があるし、

感動することが出来ます。

 

まとめ

時間がない小学生の簡単自由研究はいかがだったでしょうか?

一週間もかけてだらだらやるより、ビシッと1日で集中して終わらせたほうが

良い物が出来るかもしれませんね。

それでは頑張ってください!

※自由研究に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 自由研究に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ