日本人でプロゲーマーになる方法とその年収。女性もできます。

 

xbox-283116_1280

 

プロ野球選手、プロサッカー選手はスポンサーから収入を得て生活しています。

最近では、ゲームでスポンサーから収入を得て生活をする

プロゲーマーという職業が注目されています。

 

「eSPORTS」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

アメリカではゲームで競うことをこう呼んでいます。

 

では、どうやったらプロゲーマーになれるのか?

女性でもなれるのか?そしてその年収や賞金は?

説明していきます。

スポンサードリンク

日本人でプロゲーマーになる方法

プロゲーマーになるためには資格や免許は必要ありません。

誰でもプロゲーマーになれる可能性があります。

 

ただ、プロゲーマー一本で生活をしていくの大変です。

ゲームだけで生活するためには、

他のスポーツと同じようにスポンサーと契約しなければなりません。

 

スポンサーと契約するためには大会に参戦して

優秀な成績を取ることは必要になってきます。

 

優秀な成績を取ることでスポンサーの目に止まり

契約という形になります。

 

スポンサーにはゲーム機器を作るメーカーさん達がいます。

プロゲーマーと契約することで、自社の宣伝にもなるわけです。

 

しかし、日本ではまだプロゲーマーの認識が低いので、

ついてくれるスポンサーはいないようです。

スポンサードリンク

トップのプロゲーマーは海外のスポンサーと契約しています

 

そのため、英語を話すスキルも必要です。

 

日本人プロゲーマーの年収と賞金は?

日本のゲームセンターでは、風営法などの法規制があるため

ゲーム大会で高額の賞金を出すことは難しいのが現状です。

 

ですが、海外で行われるゲーム大会では賞金が発生します。

これは海外ではゲームの扱い方が単なる遊びではなく、

スポーツの一種として認められているからです。

先程も書きましたが「eSPORTS」と呼ばれています。

 

その賞金の額は様々ですが、アメリカで行われる「DOTA2」という

オンラインゲームの世界大会で賞金総額は10億円を超えました。

 

ちなみに、世界で一番有名なプロゲーマーのJohnathan “Fatal1ty” Wendelさんは

ゲームだけで年収一億円を超えています。

 

日本人プロゲーマー初の女性

日本人のプロゲーマーの中には女性もいます。

彼女の名前(HN)はチョコさん。

日本人初の女性プロゲーマーです。

 

世界最大級の北米プロゲーム団体Evil Genius(Team EG)に所属していて、

格闘ゲーム「スト4」シリーズのブランカを使います。

 

彼女は以前は営業職でしたが、ゲーム好きが講じてプロゲーマーになりました。

その結果、年収は以前の3倍になったそうです。

 

まとめ

好きなゲームをして報酬をもらえるって素敵な職業だと思いますが、

”プロ”と言われている以上、そんなに甘いモノではありません。

 

毎日の練習を一生懸命がんばり、腕を磨いていく事が必要です。

そして大会で結果を出すこと。

 

このあたりは他のプロスポーツとなんら変わりはありません。

 

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ