熱中症予防で水分補給をするタイミングと作りかた。お茶でも大丈夫?

603d1d11e16e4b66330f34cce2a66a5b_s

夏の熱中症予防には水分補給が必要です。

暑いと知らず知らずのうちに体が水分が失われていきます。

水分補給をするタイミングと、補給用の飲み物の作りかた、

お茶でも水分補給として有効なのか?を説明していきます。

 

熱中症予防で水分補給をするタイミング

水分補給をするタイミングは基本的には自分が

「喉が渇いた」と感じる前がベストです。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、

実は「喉が渇いた」と感じた時点で、体は既に軽い脱水症状に陥っているのです。

もちろん、この時点ですぐに水分補給をすれば問題ありません。

 

ですが、お年寄りの場合などは体と感覚にズレがある場合があります。

そうなると「喉が渇いた」と感じた時点で熱中症に

かかっている危険性があるのですね。

 

ですので、喉が渇いたと感じる前に飲むのが一番よいタイミングになります。

そして、がぶ飲みをせず少しずつに飲むこと。

 

なぜかといえば、がぶ飲みをしても体は水分を一気に吸収することはできません。

お腹がちゃぷちゃぷになって動けなくなってしまうだけです。

 

具体的に言えば、夏場の水分補給は15分に1回を目安にして下さい。

スポンサードリンク

飲むのは冷たい水ではなく、ぬるいお湯がおすすめ。

 

冷たい水だとお腹を急激に冷やしてしまうおそれがあるからです。

 

熱中症予防の水分補給ドリンクの作り方

熱中症予防に補給するドリンクには塩分が必要です。

スポーツドリンクを薄めて飲むのが調度良いとされていますが、

中にはスポーツドリンクが苦手な方もいらっしゃるので、

自分で水分補給はドリンクを作る方法を何種類か説明します。

 

  • 水1リットルに対し、砂糖大さじ4杯と2分の1食塩小さじ2分の1杯。
  • 水500mlに対し、塩2つまみとレモン汁1杯とはちみつ大さじ1杯。
  • 水500mlに対し、梅干し1個。

どのドリンクを作っても同じ効果が期待できます。

熱中症予防の水分補給にお茶でも大丈夫?

ドリンクはスポーツドリンクや水、ジュースでも大丈夫なんですが、

カフェインが含まれているものは避けて下さい。

 

カフェインには利尿作用があるので、せっかく摂取した水分を

尿として体から出そうとしてしまいます。

これでは熱中症予防には向いていませんね。

 

ですのでお茶は飲まないようにしましょう。

コーヒーや紅茶もカフェインが含まれているので、避けてくださいね。

 

でも、麦茶はカフェインが含まれていないので、大丈夫なんですよ。

ちょっと驚きです。

 

まとめ

熱中症予防には水分補給をしっかりすることが大切です。

塩分の含まれた水分をこまめに少しずつ飲むことで、予防することができます。

この夏を上手に乗り切ってくださいね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ