雨合羽で自転車通学用の物は?蒸れないのは?

people-70770_640

梅雨時期に自転車で通学する時、必要なのが雨合羽

レインコートとも言われています。

 

当然のことですが、雨合羽は雨を弾くものがいいですね。

その上で通学用に適しているのはどんなものでしょうか?

また、蒸れないものはあるのか?

説明していきますね。

スポンサードリンク

雨合羽で自転車通学用のものは?

自転車で通学する際にポイントとなるのは、まず”濡れない”事。

そのためにはポンチョ型のものよりも

上下に分かれているセパレートタイプがお勧めです。

 

セパレートタイプの中で機能が優れているのは登山用のもの。

こちらは”動く”ということを前提に考えて作られているので、

可動域が一般的な雨合羽よりも広いんですね。

 

つまり、自転車通学のように足をぐるぐる回す動きに適しているのです。

また、登山用のものは耐久性も優れており、裏地も張ってあります

 

登山用のものは風や雨に濡れることを前提にして作られているので、

風の強い日でも顔の部分が濡れるのを最小限にとどめることができます。

スポンサードリンク

 

雨合羽自転車用で蒸れない物は?

雨の日に雨合羽を着て長時間自転車を乗っていると、

自分の体から発する汗で雨合羽の内側が蒸れてきます。

 

これを防止するのは性能の高い雨合羽を購入するのが一番です。

それに一番優れているのは「ゴアテックス」という素材です。

ゴアテックスは水は通さないで、空気を通す機能を持っています。

 

この機能が作動するには「撥水性が高い」という条件があります。

撥水性が落ちてしまって雨合羽の表面がべちゃべちゃに濡れてしまっている

場合は、通気性が落ちてしまうんですね。

 

その理由は、通気用の穴を雨の水が塞いでしまうからです。

 

ですのでゴアテックス用の撥水スプレーも忘れずにかけるようにして下さい。

 

ただ、それでも完璧に蒸れないものはありません。

自転車通学にかかる時間や距離にもよりますが、汗をかいた場合、

真っ先に汗を吸収するのは肌に直接触れている肌着部分です。

 

肌着部分が蒸れの原因になってしまうのは避けられないのです。

 

そして、大切なのは雨合羽を使用した後のお手入れです。

学校に通学の場合は、干せる場所というのはまずありません。

ですので、タオルでまずは雨合羽を拭き、水分を取ります。

それから専用の袋、もしくはビニール袋に入れてしまいましょう。

 

まとめ

通学用の雨合羽は何度も着るもの。

思い切って高いものを購入して長年使うというの考え方もありだと思います。

なんでもそうですが、いいものはやはり性能が良いからです。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ