引っ越し業者の見積比較と費用が安い日、準備、お茶や心遣いまでを解説

 

 

movers-24402_1280

 

引っ越しをする時に、業者さんの見積もりを取ることは必須です。

なぜなら、業者さんによって費用が何万円も変わるからです。

2万円でも安くなれば、かなりお得ですよね。

 

また、引っ越し費用が安く済む日もあります。

 

さらに引っ越しのときには何かと住所変更手続きが必要になってくる。

 

引っ越しの最中に業者さんにお茶や食事を出したほうがいいのか?

心づけは必要なのでしょうか?

 

説明していきますね。

スポンサードリンク

引越し業者の見積比較

引っ越しをすることが決まったら、最低でも

3社の引越し業者さんに見積もりを依頼しましょう。

 

安心できる大手引越し業者、または身近な小さな業者まで、

料金を比較してみてください。

 

また、今ではネットでの見積も出来ます。

 

引っ越し費用が安い日にち

引越し費用が安いのは平日です。

逆に、月末や月始め、土日、午前中、大安の日は高いです。

 

平日がどれくらい安いのかというと、一概には言えませんが

最大であなたの一日分の給料以上になることもあります

 

平日に休みをとって、引っ越しをした場合に、

その日1日働く報酬額よりも引っ越しを平日にしたほうが

儲かることもあるってことです。

 

引っ越しのために準備しなければならないこと

引っ越しの際に必要になる届け出は主に、住所変更届けになります。

住民票・公共料金(電気代、電話代、水道料金etc)他にもクレジットカード

免許証など含めると、20種類以上になります。

スポンサードリンク

 

子供がいればもっと増えるので忙しくなってきますよ。

 

また、銀行の住所変更は取引支店だけでしか行えないですし、

会員証発行店でしか住所変更できないカードもあります。

 

そういった条件がついているものはできるだけ早めにしておいて下さい。

タイミング逃すと先延ばしになってしまい、あとあと面倒ですから。

 

何を「公共料金、住民票」

いつ「何日前・当日・引越し後」

どうやって「行く・ネットで・電話・郵送」といったことを

一覧表にしておけば、迷わずに便利です。

 

引越し業者さんにお茶などの心遣いは必要?

引っ越しを一生懸命してくださった業者さんにお茶を出したり

心遣いを渡す必要はあるのでしょうか?

 

私の場合は 引っ越しがひと通り終わって、帰り際に、

「どうもご苦労様でした」とペットボトルのお茶を渡しました。

 

基本的には心遣いなどの現金は渡さなくても、

業者さんはしっかりと仕事をしてくれます。

 

また大手の業者などの中には「心づけお断り」と明言している業者もあります。

 

何も出さなくても問題ないと思いますが、

「一生懸命汗をかいて作業してくださった」ということを考えると、

ねぎらいの気持ちでお茶くらいは出して当然だと思います。

それで業者の方が、気持ちよく仕事できればいいのではないでしょうか?

 

結局はあなたの気持ち次第です。

まとめ

引っ越しは荷物を移動する、ということが目的なので、

費用が高かろうが安かろうが内容的にはそれほど変わりません。

 

安い所に頼んだら荷物を壊された、とかいう話も聞いたことが無いですし。

であれば、できるだけ費用が安いところを探すのが得策でしょう。

 

見積もりを数社にとってもらう。

平日を狙う。

そして、引越し後は届け出の準備をする。

これでバッチリですね。

 

 

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ