麦茶ポットの白い斑点の正体は?ガラスかプラスチック?賞味期限は?

1b4e3c4df32737b1ea43f89bc2c023b8_s

夏の風物詩とも言える麦茶

家でたくさん作って冷蔵庫に入れておけば好きな時に

ごくごく飲むことが出来ます。

 

たまに容器内にできてしまう白い斑点の正体はなんでしょう?

作る容器はガラス製とプラスチック製のどちらが良いのか?

また、作った麦茶の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

解説していきますね。

 

麦茶ポットにできる白い斑点の正体は?

麦茶をポットで作り続けていると、容器内に

ブツブツと白い斑点ができることがあります。

この白い斑点の正体は何か?

 

実は2つの説があります。

まずは水垢説。

 

水に含まれている”カルキ”が長期使用によって結晶化し、麦茶の容器内に

付着したと言われています。

 

次はカビ説

麦茶は一度に大量に作るので、飲み切るまでには時間がかかります。

場合によっては一週間くらい入れっぱなしの時もあります。

この長時間入れておくことでカビが少しずつ付着しているというものです。

 

水垢にせよ、カビにせよ、気になるもの。

ですので、綺麗に洗って落としてしまいましょう。

 

白い斑点の落とし方

まずは麦茶ポットを空にします。

そこに薄くした漂白液を入れて除菌していきます。

キッチンハイターでオッケーですよ。

 

これで白い斑点も綺麗に落ちますから。

スポンサードリンク

でも毎回漂白するのはちょっと面倒ですよね?

目安としては3回に1回で大丈夫です。

 

麦茶ポットはガラス製かプラスチック製か?

麦茶ポットを選ぶ際にはガラス製かプラスチック製かの二択になります。

ガラス製のものは汚れが付きづらいのですが、もろいという側面があります。

また、重いですし容量も1リットルしかない物が多いんですね。

 

プラスチック製は丈夫で長持ちするのですが、汚れがつきやすいのです。

 

どちらを選んでも特に問題はありませんが、

麦茶を作って入れる際には一度沸騰させてから作るようにして下さい。

すると除菌されるので、安全に美味しく飲むことが出来ます。

 

麦茶ポットを使うと賞味期限はどれくらい?

 賞味期限は作り方によります。

まず、水出しの場合は菌が繁殖しやすいです。

ですので、沸騰させてから作ると良いでしょう。

 

この時のポイントしては、まず沸騰させて麦茶を作り、

次に、熱い状態のまま麦茶ポットに入れること。

 

こうすることで麦茶ポットにいる菌も除菌することが出来ます。

一旦麦茶を冷やしてから移してしまうと、容器が除菌できないのです。

 

この方法で作った麦茶の賞味期限は3日を目安にして下さい。

もうちょっと長く飲むことも出来ますが、体の健康面を考えると

3日がベストでしょう。

 

まとめ

麦茶ポットに出来る白い斑点は漂白で綺麗に落ちます。

気になる方は早速試してみてください。

 

また、自分で作るものなので賞味期限がどれくらいなのかは

自分で決めるしかありません。

 

美味しい麦茶を飲んでくださいね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ