犬の暑さ対策室内犬はどうする?毛を刈ると涼しい?遮熱カーテンの効果

dog-279698_640

暑い夏。

人間は暑いと口に出して言うことが出来ますが、

ワンちゃんはしゃべることが出来ません。

 

ハァハァ舌を出して苦しそう・・・

なんとかしてあげたいですね。

室内犬の暑さ対策について説明します。

スポンサードリンク

犬の暑さ対策は室内犬ではどうする?

家で暑くてハァハァ言っているいる犬に直接扇風機で風を送る人がいますが、

それはほとんど意味がありません。

暑い空気を送っているだけなのです。

犬の場合は気化熱を利用してあげましょう。

 

霧吹きなどで犬の体を少し濡らしてあげて、それから扇風機の風を送って下さい。

これで体温を少し下げることが出来ます。

 

また、毛の抜ける犬種は古い毛をブラッシングで

取り除いてあげることも必要です。

家では、凍らせた保冷剤をタオルでくるんで、ワンちゃんのベッドの近くに

おいてあげるのもいいですね。

 

クールボードという、触ったらひんやりする金属製のボードもあります。

ウチの犬はなぜか嫌がって乗らないんですけどね・・・

まだ子犬の場合は噛みぐせがあるから、噛んだら中身が出てしまうタイプの

保冷剤は避けましょう。

 

また、夏場はアスファルトが日光を吸収して暑くなるのが早いです。

散歩に行くなら朝の6時頃がベスト。

 

「そんなに早く?」って思われるかもしれませんが、私の経験では

朝6時ころに犬を散歩させている愛犬家の方たちって意外と多いんですよ。

 

朝の8時を過ぎると、道路はとても暑くなります。

手で触ってみると思わず「あちっ」て驚くくらいの暑さです。

その暑い道路を愛犬に歩かせるのはちょっとかわいそうですよ。

スポンサードリンク

同様に、夜の散歩も9時過ぎ以降が道路の熱も引いいてちょうどよくなります。

 

あと、散歩の時にお水を用意していって下さい。

ペットボトルに水を入れ、水飲み用の容器も一緒に持って行くこと。

途中で木陰などで休んだ時に、容器に水を入れて飲ませてあげましょう。

関連記事犬は避妊手術後に性格が変わる?変わらない?太る?

関連記事ペット保険には加入したほうが良い?どんな種類がある?限度額とは?

 

犬の暑さ対策毛

犬は一年中毛皮を着ています。

毛を少し刈るのも暑さ対策の一つです。

 

ただ、刈り上げてしまうのはよくありません。

全部刈り上げちゃうと、一見涼しそうに見えますが、

外に出た時に今度は体温調整ができなくなってしまうのです。

 

人間の頭に髪の毛があるから、太陽の光を浴びても頭は

それほど暑くないのと同じように、犬もそうなのです。

 

また、犬は人間よりも肌が弱いと言われています。

毛が薄くなればそれだけ紫外線の影響を受けることになります。

 

なので毛を全部刈り上げるのではなく、

トリマーさんとよく相談してからベストなカットをしてあげて下さいね。

 

犬の暑さ対策に遮熱カーテンは?

夏の熱い日差しを防ぐのに遮熱カーテンが効果的です。

遮熱カーテンは一般的なカーテンに比べると生地が厚く、日の光や熱を

通しにくい素材で出来ています。

 

特に留守にする時などは遮熱カーテンを閉めて行ってください。

家の熱気は明らかに減少します。

 

エアコンの温度も2、3度上げても問題ありません。

 

まとめ

人間と違ってしゃべることが出来ない犬は、暑くても訴えることが出来ません。

ですので、飼い主であるあなたがこまめに体調を

チェックしてあげることが必要です。

 

もし、ぐったりしてしまったり明らかに様子がおかしい時はすぐに

動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ