アイスコーヒーをインスタントで作り水筒に。濁る理由と入れる物

030e42326aaa6a8cf06809430436baa5_s

夏の暑い時期にアイスコーヒーを持ち歩き、

好きな所で飲みたい!

自分で美味しく水筒に入れる方法や、どうして濁ってしまうのか?

アイスコーヒーに入れるものまで説明していきます。

スポンサードリンク

アイスコーヒーをインスタントで作り水筒に入れる方法

市販のアイスコーヒーは”水出し””急冷”などの抽出法によって、

味が落ちない入れ方をしています。

 

水出しというのは低品質のマメでも美味しく飲めるように編み出された方法です。

 

普通のドリップで落としたコーヒーをアイスコーヒー用に水筒に

入れて長時間持ち歩くということは味が大きく劣化してしまいます。

 

なので、美味しくアイスコーヒーを作るためには

インスタントコーヒーを使います。

 

方法としては、まずお湯を沸かして濃い目のインスタントコーヒーを作ります。

それと別にザルとどんぶりを用意してください。

ザルには氷を大量に敷き詰めておきます。

 

その上に出来たインスタントコーヒーをゆっくりかけていき、氷で冷やされた

アイスコーヒーを下のどんぶりで受け取ります。

 

それからガムシロップとコーヒーフレッシュを混ぜ、

大量の氷を入れた水筒に移して出来上がりです。

 

急冷することによってコーヒー本来の香りを逃さずに閉じ込めることが出来ます。

 

もっと長時間水筒で持ち歩く場合は、アイスコーヒーを製氷皿に入れて

冷凍し、凍ったアイスコーヒーを水筒に入れて持ち歩く方法もあります。

飲む時に調度良く溶けているでしょう。

 

これらの作業が面倒な場合は、缶コーヒーやペットボトルでの既成品の

コーヒーをそのまま水筒に移すという方法もあります。

スポンサードリンク

 

インスタントで作ったアイスコーヒーが濁る理由

濁る原因はコーヒーに含まれる”タンニン”という物質の影響です。

コーヒーは冷やす事によりカフェインとタンニンが化学反応

(クリームダウン現象)をおこすため、ゆっくり冷やしていくと濁り始めます。

 

また、味も劣化してしまうので

アイスコーヒーを作る時はできるだけ急冷することが大事です。

 

アイスコーヒー用のマメは通常のレギュラーコーヒーよりも

深煎りされているので、カフェインの含有量がかなり低くなっています。

つまり、濁りにくくなっているわけですね。

 

アイスコーヒーに入れるものは何?

ブラックのアイスコーヒーに入れるものはガムシロップや

コーヒーフレッシュがメジャーですね。

 

他に入れたら美味しくなるのは”生クリーム”があります。

 

ただ、自分で生クリームを作成してアイスコーヒーに

入れる場合はちょっと注意が必要です。

 

なぜかといえば、生クリームだけでは脂肪分が多すぎて

コーヒーの味が抑えられてしまうのです。

お店ではその辺りをバランスよく調合しているらしいですよ。

 

また、凍らせた牛乳というのもおしゃれでいい感じです。

製氷機で凍らせた牛乳をアイスコーヒーに入れるのです。

 

凍った牛乳はすぐには溶けず、徐々に溶けていくので味が

少しずつ変化していくのを楽しむことが出来ます。

 

番外編

氷の代わりに入れる”キューブ”があります。

食べることは出来ませんが、冷凍庫で冷やしたキューブを入れることで、

アイスコーヒーを冷やすことが出来ます。

 

見た目にもいい感じですし、このキューブは何度も使えるのでいいですよ。

 

まとめ

暑い時期にはおいしいアイスコーヒーを水筒に入れて、

好きな時に飲みたいですよね。

 

ポイントは急冷ですよ♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ