夏バテ症状で吐き気がする子供。その原因は?予防と対策法

a0001_017092_m

夏バテとは夏の暑さによる自律神経の乱れが原因だと言われています。

子供が吐き気の症状を訴えた場合、夏バテなのでしょうか?

 

その原因と、予防法や対策を説明していきますね。

 

夏バテ症状で吐き気を子供が訴えた場合は?

夏バテの症状の代表的なものの1つが「吐き気」です。

お子さんが夏の時期に「吐き気」を訴えた場合は

以下の部分もチェックしてみてくだダサい。。

 

夏バテの吐き気以外の症状としては「倦怠感」「食欲不振」

「思考力低下」「下痢又は便秘」「めまい」「頭痛」「発熱」があります

 

吐き気と同時に上記のような症状が出た場合、

夏バテを疑ったほうがいいかもしれません。

 

夏バテで吐き気がする原因

人間の体は生きていくために常に一定の体温の状態を保とうとしています。

この時にエネルギーを消費するわけです。

 

もし、今の環境が通常よりも高温や多湿の状態であれば大量のエネルギーを

消費しなければ体温を一定に維持することが出来ません。

 

この環境が長時間続くと、体にかかる負担が大きくなり、

ある点を超えるとその調整ができなくなってしまいます。

 

つまり、体の中の熱を放出できなくなるわけです。

それが理由で引き起こされるのが夏バテです。

 

原因としてあげられるのは自律神経の乱れ。

先ほどの体温調整は自律神経の働きのよるものです。

 

最近ではクーラーも子供の夏バテの原因の一つと言われています。

 

室内や乗り物内ではクーラーによってかなり低温に冷やされています。

そこから外にでると、かなりの温度差があるわけです。

 

外に出たり建物内に入ったりを繰り返すことで、体は頻繁に体温調整を

強いられることになり、負担が高まっていきます。

結果的に自律神経のバランスが崩れて

スポンサードリンク

「夏バテ」に繋がることが多くなっています。

 

夏に起こりそうなイメージですが、気温の変化が激しい

「梅雨」時期にも起こりやすいと言われています。

 

夏バテの予防と対策

夏バテの予防としては”体を冷やさないこと”です。

 

「クーラーがダメなら扇風機ならいいんじゃないか?」

って思われるかもしれませんが、扇風機の風も長時間あたっていると

体がだるくなってきますので気をつけて下さい。

 

子供の体に扇風機の風が直接当たらないように、

ちょっと首を上向きにするなどの工夫をするとよいでしょう。

 

それと大事な夏バテ対策の一つは「水分補給」です。

暑い外を歩いていると汗をかくので、体内の水分はどんどん失われていきます。

 

水分が失われていくと、血流が悪くなってきます。血流が悪くなると、

胃や他の臓器、脳にも十分な酸素や栄養を運び切ることが出来ません。

 

その結果、人間の体の防衛本能が働き、

できるだけエネルギーの消費を減らそうとするのです。

つまり、やる気が出なくなり、だるくなるわけです。

 

ですので、こまめに水分補給をすること。

この時のポイントとしては、ぬるめの水や温かいお茶を

飲ませるようにして下さい。

 

キンキンに冷えた水を飲むと、胃への刺激が強すぎて

体温調整に支障をきたすおそれがあります。

 

または十分な栄養を取らせることも大切です。

食事には豚肉や大豆や魚、野菜などのビタミンや

タンパク質を積極的に与えてください。

 

また、子供は甘いモノを食べたがりますが糖分の多いものはビタミンBを

消費するので、さらに体が疲労する原因となります。気をつけて下さい。

 

それとクーラーを入れる時は、体への負担を少なくするために

室温と外気温の差を少なくすること。

目安としては26度程度に設定するとよいでしょう。

 

まとめ

夏バテの症状は個人差がありますから、

お子さんの調子がおかしいなと、思ったらすぐに病院に連れて行って下さい。

 

そこで正しい治療を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ